受けて安心の名医による専門ドックは、EPARK人間ドックから探す。
健保検診不可について
ようこそゲスト様
 
トップページ»  検査内容の紹介»  超音波(エコー)検査»  頚動脈エコー検査(頚動脈超音波検査)

頚動脈エコー検査(頚動脈超音波検査)

全身の動脈硬化を予測します

頸動脈エコー検査とは、首から超音波を当てて左右にある頸動脈の壁(内膜・中膜)の厚さを測ることにより動脈硬化の状態を観察する検査方法です。
動脈硬化とは、動脈の壁が硬くなり動脈壁の弾性が低下した状態のことを言います。
首は心臓から脳へ血液を送る血管の通り道で、首筋には頸動脈が走っています。
頸動脈は脳に血液を送る重要な動脈で、動脈の中では比較的太い血管でありながら体表から浅い所を走っているため観察しやすいのが特徴です。
頸動脈の動脈硬化は脳の血管を詰まらせる原因になることから脳血管障害に繋がり、頸動脈が細くなっていたり血栓ができていたりすると、全身の動脈にも同じような異変が起きている可能性があります。

頸動脈エコー検査 方法
  1. (1)首の地肌が出るようにしてベットに横になります。
  2. (2)超音波の伝導をよくするため首に温かいゼリー状の液体をつけた状態でプローブをあて、頸動脈に当たってはね返ってきた超音波を受信し画像に映します。
超音波検査は被爆もなく人体に無害で、痛みを伴うこともありません。
検査時間は約30分です。
検査時の注意点
  • 飲食の禁止はありません。
  • 検査時間が少し長いので事前に排尿を済ませましょう。
  • 首まわりが出しやすい服装でいきましょう。
  • プローブが頸動脈に触れやすくするため、首を反らせる様に指示がある場合があります。首の痛みや反らせにくい場合は、担当者に伝えましょう。

大切な脳を守りましょう

頸動脈エコーは、全身の動脈硬化の程度を示す一つの指標として脳血管疾患(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血など)・早期の動脈硬化・虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞など)の発見・診断に役立ちます。

自覚症状
脳血管疾患 ろれつが回らない・手足の片方がしびれる・激しい頭痛・視野がいつもと違うなど。
動脈硬化 自覚症状なし。
虚血性心疾患 胸痛など。
動脈硬化の危険因子
(ハイリスク)
  • 加齢(男性45歳以上・女性55歳以上)
  • 過去に脳梗塞を起こしたことがある、もしくは脳梗塞の疑いがある
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 高脂血症(コレステロールが高い・中性脂肪が高い)
  • 高尿酸血症
  • 肥満
  • ヘビースモーカー
  • メタボリックシンドローム(内臓脂肪型肥満で高血圧・糖尿病・脂質異常症のうち2つ以上該当する状態)などの生活習慣病がある
  • 運動不足

異変があった場合は、血圧測定・血液検査・MRI検査・CT検査・血管造影などの検査を併用して行い病気の診断を行いましょう。
動脈硬化は症状がなくても静かに進行していきます。
45歳を過ぎたら頸動脈エコー検査を年1回は受けるようにしましょう。

超音波(エコー)検査

病気とリスク

おすすめの施設