受けて安心の名医による専門ドックは、EPARK人間ドックから探す。
健保検診不可について
ようこそゲスト様
 
トップページ»  主なコースの紹介»  胃がん検診(検査コースの解説)

胃がん検診

がん部位別死亡数 第2位。毎年約5万人も。

胃がんは初期に自覚症状がないため早期発見が非常に難しいがんです。
日常生活で、胃の不快感・食欲不振・吐き気・体重減少・貧血・げっぷが頻繁に出るなどの症状が何日も続くような時は、なんらかの病状があると疑いましょう。
胃がんの危険因子は、慢性胃炎・高齢で男性・喫煙・家族に胃がんの方がいる・塩分が多い・野菜を食べないなどです。40歳以上の方は年に1回、健康診断の受診をお勧めします。

検査項目

※施設や受診コースによって異なります。

胃バリウム
(胃部X線検査)
バリウムを飲むレントゲン法。
間接撮影と直接撮影では被曝量が違います
(直接撮影の方が放射線被曝量が多い)。
胃カメラ
(胃内視鏡検査/上部消化管内視鏡検査)
大人の小指ほど太さのスコープを口から挿入して、食道、胃、十二指腸を観察します。
先端に内蔵されているCCD(ビデオカメラ)で、画像をモニタで観察し、同時に写真を撮ります。
検査の間(約10分)は、常に喉に物がはさまった感じがあります。
呑み込みにくい場合は麻酔薬が使われることもあります。
ペプシノゲン法 血液に含まれているペプシノゲンという物質の量を測ることによって、胃がんの前段階ともいえる「慢性萎縮性胃炎」を診断するものです。
必ずしも慢性萎縮性胃炎が胃がんというわけではなく、なりやすい人を見つけるためのものです。
ピロリ菌検査
(ヘリコバクター・ピロリ抗体検査)
ピロリ菌の存在を確かめる検査です。
ヘリコバスター・ピロリ菌が慢性胃炎や胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因の1つではないかと考えられているためです。呼気・血液・便をもって検査します。

胃がん検診 流れ

※施設や受診コースによって異なります。

  • 前日
準備
前日21時以降から検査終了まで絶食です。アメ・ガム・タバコも控えましょう。
  • 当日
着替え
施設により検査着を用意しているところもありますがないところもあります。
もし、準備が必要でしたら、一番下に身に着けるもの(下着等)は金具や模様のない無地の物を着ていくようにしましょう。
髪の長い方は結ぶように指示されることが多くあるため、髪ゴムを持っていくと安心です。
 
胃バリウム(胃部X線検査)の場合、バリウムを飲むことについての説明があります。
バリウムアレルギーのある方や便秘の方は注意が必要です。
検査項目  ※胃バリウム(胃部X線検査)の場合
胃バリウム(胃部X線検査)
バリウムと同時に飲む発泡剤の影響で、げっぷがしたくなりますが我慢してください。げっぷしてしまうと胃がしぼんでしまい、もう一度発泡剤を飲まなければいけません。
撮影中は体の角度がいろいろ変わります。手や足で自分の体を支えることになるので自信のない方は担当者に伝えましょう。
胃X線検査に痛みはありませんが、体に与える負担が大きいため、難しいと感じた場合は胃カメラを選択することをお勧めします。
  • 終了

検査で飲んだバリウムは、できるだけ早く便と一緒に出すことが大切です。
渡された下剤はなるべく早く、多くのお水で飲みましょう。
もし下剤を飲んでも便が出ない場合はかかりつけ医を訪ねましょう。

胃がん検診の施設を検索・予約する

主なコースの紹介

病気とリスク

おすすめの施設