受けて安心の名医による専門ドックは、EPARK人間ドックから探す。
健保検診不可について
ようこそゲスト様
 
トップページ»  検査内容の紹介»  循環器系検査»  ホルター型心電図

ホルター型心電図

24時間の心拍すべてを記録します

ホルター型心電図とは、24時間連続して心電図を記録する検査方法です。
短時間記録である安静心電図では検出できない一過性の不整脈・狭心症の診断・人工ペースメーカーの機能の判定などに利用されています。
日常生活のさまざまな活動(排便時・労作時・食事中など)に応じて心電図の波形がどう変化するか、どのようなときに虚血性変化(頻度・程度)が現われるかを調べます。動悸・息切れ・めまい・失神・痙攣・胸痛などの自覚症状が不整脈により起っているものなのか、もし不整脈によるものならばその種類・頻度・開始・終了・持続などの出現状況を分析します。

ホルター型心電図 方法
1日目 心電図の電極を胸に貼付け、小さな記録装置を腰のベルトにつけたり肩からつるしたりして身につけた後、帰宅します。
2日目 24時間後に再び医療機関を受診し、電極と記録装置を外し結果を解析します。

24時間病院にいるわけではなく、ホルター心電図機器を身につけた状態で普段どおりの生活を行います。
痛みはありませんが少し煩わしいです。

検査時の注意点
  • 検査中の24時間は就寝中も電極はつけたまま、入浴も厳禁になります(防水加工ではないため)。
  • 電極を付けたまま衣服を着ることになるので、前開きのものを選ぶと脱着が楽になるでしょう。
  • 医療機関で安静状態でとる心電図では発見できない異常の発見を目的にしています。検査中ということを意識して安静にせず、いつも通りの生活を送りましょう。
  • 装着中に異変を感じたら、その時刻や何をした時にどんな症状がでたか等の簡単な行動日記をつけると解析に役立ちます。面倒でも記入するように心がけましょう。

たまに感じる胸の痛みは危ない

ホルター型心電図は、不整脈・狭心症(労作性狭心症・不安定狭心症・異型狭心症など)・心筋梗塞などの発見・診断に役立ちます。

自覚症状
不整脈 脈が頻繁に跳ぶ(1分間に10回以上)・脈が急に速くなり胸が苦しい、気分が悪いと感じる・脈がバラバラに乱れていると感じるなど。
狭心症 運動時に胸が締め付けられるような痛みの発作が起こる(胸の痛みは平均2~3分、長くても15分くらい)。
心筋梗塞 突然の激しい胸痛(安静時・就寝中に発作がおきることが多く、痛みは30分から数時間続く)・放散痛がある(胸だけでなく、みぞおち・左肩・左腕・首・あごなどに痛みが波及する)など。
心肥大 運動時の軽い胸痛や息切れ・不整脈など。
心臓病の危険因子
(ハイリスク)
  • 生活習慣病がある(高血圧・高脂血症・高血糖)
  • 肥満
  • ストレス
  • 喫煙
  • 歯周病
  • 家族歴(遺伝的体質)
  • 男性(女性は女性ホルモンの影響で罹患率が低い)

ホルター心電図のメリットは、24時間心電図を測定できる点ですが、安静心電図の12誘導と比べると2誘導になるので情報量が不足する場合もあります。
健康診断などで受ける安静心電図は数十秒間の心臓の動きを見ているに過ぎず、その瞬間たまたま異常が出なかった可能性もあります。
気になる症状がある場合はホルター型心電図を一度受けてみましょう。
異変があった場合は、負荷心電図・心エコー検査などのさらに詳しい検査を行い病気の診断を行いましょう。

循環器系検査

病気とリスク

おすすめの施設