受けて安心の名医による専門ドックは、EPARK人間ドックから探す。
健保検診不可について
ようこそゲスト様
 
トップページ»  検査内容の紹介»  内視鏡検査»  胃カメラ(胃内視鏡検査/上部消化管内視鏡検査)

 

胃カメラ(胃内視鏡検査/上部消化管内視鏡検査)

胃カメラで臓器の内側を直接見ます

胃内視鏡検査(胃カメラ)とは、口から内視鏡を挿入し、食道・胃・十二指腸の病変を直接観察する検査方法です。
上部消化管X線造影検査(胃のバリウム検査)で食道・胃・十二指腸に疑わしい影が見つかった場合に行なう最終検査で、上部消化管内視鏡検査とも言います。検査中に疑わしい病変を見つけた場合、生検検査用の組織を採取することもあります。以前はファイバー内視鏡がよく使われていましたが、現在は内視鏡の先端に超小型カメラを取り付けた電子内視鏡が主流になっています。

胃内視鏡検査
(胃カメラ) 方法
  1. (1)検査前に消泡剤(胃の粘膜に付いた粘液など溶かす作用があり胃内を綺麗にします)を飲み、胃の運動を抑える薬を筋肉注射し、さらに喉に麻酔のスプレーをします。
  2. (2)医師の方を向くようにしてベッドに横向きに寝ころびます。
  3. (3)マウスピースをくわえ、口から内視鏡を挿入し、食道・胃・十二指腸の状態を詳しく観察していきます。
  4. (4)観察終了後、生検をした場合はファイバースコープを通して止血剤を胃の中に散布し、空気を吸引します。
  5. (5)ファイバースコープをゆっくり抜いて終了です。
最初に飲み込むときに少し苦しいですが、飲みこんでしまうと後は苦痛はありません。
検査時間は約15分です。
検査時の注意点
  • 前日の夕食はできるだけ21時までに済ませ、それ以降は絶食です(絶食6~8時間が理想です)。水やお茶なら多少は大丈夫です。
  • 検査後20~60分は安静にし、飲食も控えましょう(のどに麻酔が効いているため、むせる危険があるためです)。
  • カメラを飲みこむときに頭をそらしたり首を左右に動かすと、のどや食道に傷を作ってしまう可能性があります。医師に指示された姿勢を保つように心がけましょう。
  • 胃を観察するとき空気を入れるため、お腹が張る感じがしますがゲップは我慢しましょう。
  • 検査後の運転は控えましょう。
  • ポリープなどを切除した場合は、入浴・食事・運動の制限がある場合があります。医師の指示に従いましょう。
  • 医療機関により苦痛を軽減するため、鎮痛剤を使用する場合もあります。
  • 数種類の薬剤を使うため、過去に薬剤アレルギーで副作用が出たことがないか、あればどんな薬剤だったかを確認しておきましょう。
  • 生検検査する場合もあるため、血をサラサラにする薬(抗血小板剤)を服用している場合は事前に伝えましょう。

食事中・食後の違和感の原因がわかるかも?

胃内視鏡検査(胃カメラ)は、食道炎・食道潰瘍・食道がん・胃炎・胃潰瘍・胃がん・食道・胃の静脈瘤・十二指腸潰瘍などの発見・診断に役立ちます。

自覚症状
食道炎 胸やけ・嚥下障害・つかえ感・食べ物がしみるなど。
食道潰瘍 胸やけなど。
食道がん 胸骨後部違和感・背部違和感・嚥下違和感・胸やけ・つかえ感など。
胃潰瘍 食事後のみぞおちの痛み・胸やけ・酸っぱいゲップ・嘔吐・吐き気・食欲がない・吐血・下血など。
胃がん 胃のあたりの不快感・食欲がない・吐き気・血便・ゲップがよく出る・貧血など。自覚症状がないことも多い。
食道や胃の静脈瘤 吐血や下血など。
十二指腸潰瘍 空腹時の上腹部痛・吐血・下血など。
胃がんの危険因子
(ハイリスク)
  • ヘリコバクターピロリに感染している
  • 家族歴(遺伝的要因)
  • 塩分の多い食生活
  • 高齢または男性
  • 胃疾患(慢性胃炎など)の既往歴がある
  • 喫煙
食道がんの危険因子
(ハイリスク)
  • 飲酒量が多い
  • 喫煙
  • 熱い物をよく食べる
  • 野菜や果物をあまり食べない
  • ストレス
  • 家族歴(遺伝的要因)
  • 口腔不衛生

異変があった場合は、超音波内視鏡検査・バリウム検査などの検査を併用して行い病気の診断を行いましょう。
40歳を過ぎたら年1回は胃内視鏡検査を受けるようにしましょう。

内視鏡検査

病気とリスク

おすすめの施設