受けて安心の名医による専門ドックは、EPARK人間ドックから探す。
健保検診不可について
ようこそゲスト様
 
トップページ»  主なコースの紹介»  婦人科検診(検査コースの解説)

婦人科検診

婦人科の検診が一度にできる

乳がん検診と子宮がん検診の2つのがんの健康診断を行う検査コースを「婦人科検診」といいます。
子宮がんや乳がんは女性なら誰しもかかる可能性のある病気です。そしてどちらも早期発見して治療することで完治を望めます。
お腹や胸に多少の違和感を感じても大丈夫と見逃してしまう方も多いのではないでしょうか?
女性特有のがん検診は、30歳以上の女性には毎年受けてほしい検診です。

女性に特有の検査項目

※施設や受診コースによって異なります。

乳視触診 医師が直接胸に触り、しこりや皮膚のつっぱりがないかなどを見ます。
マンモグラフィー
(乳房X線撮影検査)
マンモグラフィーは、X線で乳房を撮影する検査です。
検査は機械に片方ずつ乳房を挟み、押しつぶして撮影を行います。
この検査で、乳房から脇の下にあるリンパ節にかけて、しこりの有無や大きさ、位置などがわかります。通常5分程度で終わる検査です。
発見できる乳がんの70%以上が早期ガンで、特に石灰化のある乳がんの発見に適しています。
乳腺エコー検査
(乳腺超音波検査)
乳腺超音波検査はX線を使用しないので、妊娠中の方や妊娠の可能性のある方も検査可能です。
ベッドに横になって片手を上げ、手を上げている方の胸に超音波をあてて、はね返ってくる超音波(エコー)を画像化して異常がないかを調べます。
マンモグラフィーではしこりがはっきりと写らない場合でも、乳腺超音波検査では、しこりの良性、悪性の診断が可能です。
通常5~10分程度で終わり、痛みはありません。
子宮体がん検査
(子宮体部細胞診)
子宮の奥の方にある部分(子宮体部)の細胞を採取し、その細胞をスライドガラスに塗布して各細胞を見やすく染色した後、採取した細胞の中に癌細胞や癌細胞になりかけているもの(異型細胞)がないかを顕微鏡で観察する検査方法です。
子宮頸がん検査
(子宮頸部細胞診)
内診台に上がった状態で、婦人科医が子宮頸部を綿棒などで軽くこすって細胞をとり、顕微鏡でがん細胞がないかを調べます。
細胞採取は2~3分程度で終わり、痛みもほとんどありません。
敏感な部分ですので人によってはこの時に出血してしまうこともあります。
経膣エコー検査
(経膣超音波検査)
細い超音波器具(プローブ)を膣内に挿入し、はね返ってくる超音波を見ながら子宮の状態を調べます。経膣エコー検査は、子宮がんだけでなく卵巣の変化や子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・卵巣腫瘍などをより詳細に観察することもできます。

婦人科検診 流れ

※施設や受診コースによって異なります。

  • 前日
準備
生理中は正しい結果が得られない場合がありますので、なるべく生理日を避けた日に予約しましょう。
妊娠中や妊娠の可能性のある時は必ず事前に伝えましょう。
前日の膣内洗浄や性行為は避けましょう。
検査後出血がある場合もあるので生理用品を持参すると安心です。
  • 当日
問診
事前に記入した問診表をもとに、普段の生活や女性特有の病気に限らない、気になる症状について話をします。自分の体の情報を正確に伝えなければ、検診に必要な情報が十分に得られず、正しい結果が得られない恐れがあります。
検査項目
  • 終了

 

婦人科検診の施設を検索・予約する

主なコースの紹介

病気とリスク

おすすめの施設