受けて安心の名医による専門ドックは、EPARK人間ドックから探す。
健保検診不可について
ようこそゲスト様
 

便潜血検査

症状が何も無い方向けの簡易的な検査

便潜血検査とは、便の中に血液が混じっているかどうかを調べる検査方法です。
便潜血検査には、科学法と免疫学法の2種類があり、最近では免疫学法が主流になっています。

科学法:便中の血液成分による反応を利用した方法。食事でとった動物の血液や鉄剤・ある種の薬剤と反応し偽陽性になりやすいため、検査前に食事制限があります。主に上部消化管(胃など)の出血を調べるための検査法です。

免疫学法:便中のヒト由来のヘモグロビンにのみ特異的に反応を示す方法。食事制限はありません。主に下部消化管(大腸など)の出血を調べる検査法です。

便潜血検査では痔でも陽性になるため、陽性=悪性の病気というわけではありません。
しかし、痔からの出血だけでなく他の病気からの出血が隠れている可能性があるため、肛門・大腸の両方を診る必要があります。

便潜血検査 方法 専用の容器を使用し、便の表面をこすったりスティック状の採便棒を便に挿したりして便を採取します。
便潜血検査では、大抵2回分(1日1回で2日分)の提出を求められます。
これは、採取日に出血がなかったり便を付けた部分に血液がついていなかったなどの可能性が考えられるためです。
検査時の注意点
  • 生理中の採便は避けましょう。
  • 採取日から検査日まで期間が長くなると正確な結果が出ないこともあるため、採取したら早めに提出しましょう。保管は冷蔵庫が理想的です。
  • 専用容器は施設によって異なる可能性があるため、その都度添付の説明書を読み正しい採取法を心がけましょう。

出血部位によって便の色が変わります

便潜血検査は、大腸がん・潰瘍性大腸炎・大腸ポリープ・炎症性腸炎・痔・クローン病・大腸憩室炎などの発見・診断に役立ちます。

自覚症状
大腸がん 血便・下痢や便秘・便が細くなる・トイレに行ってもなかなか便が出ない・排便してもすっきりしない・腹部に痛みや違和感があるなど。
潰瘍性大腸炎 下痢・(粘)血便・腹痛・発熱・倦怠感・体重減少・貧血など。
大腸ポリープ 血便・下痢・便秘など。あまり自覚症状はない。
大腸憩室炎 腹痛(炎症部位をおすと強い痛みを感じる)。
出血・痛み・脱肛など。
クローン病 腹痛・下痢・粘血便・発熱・体重減少・肛門痛など。
肺がんの危険因子
(ハイリスク)
  • 加齢(60~70歳)
  • 赤肉(牛・豚・羊)や加工肉(ベーコン・ハム・ソーセージ)が多い食生活
  • アルコールの取りすぎ
  • 運動不足
  • 肥満
  • 喫煙
  • 癌の既往歴がある(特に卵巣癌・子宮癌・乳がん)

消化器からの出血は赤色とは限りません。出血部位が肛門から離れるほど色は黒に近くなっていきます。
大腸癌は進行癌でも手術で根治する可能性の高い病気です。
排便の際にはいつもの便の色と変わりがないかを毎日チェックし、40歳を過ぎたら便潜血検査を年1回は受けるようにしましょう。
異変があった場合は、大腸内視鏡検査・レントゲン検査・注腸造影検査(バリウムの検査)などのさらに詳しい検査を行い病気の診断を行いましょう。

その他の検査

病気とリスク

おすすめの施設