受けて安心の名医による専門ドックは、EPARK人間ドックから探す。
健保検診不可について
ようこそゲスト様
 
トップページ»  主なコースの紹介»  子宮がん検診(検査コースの解説)

子宮がん検診

若いからといって安心はできません

子宮がんは女性なら誰でもかかる可能性があり、初期症状がほとんどないのが特徴で、「子宮頸がん」と「子宮体がん」の2種類があります。
子宮頸がんは、性交を経験したすべての女性にリスクがあり、20代の若い方でも罹患する可能性があります。子宮頸がんの危険因子は、性交渉の経験がある・妊娠や出産回数が多い・ヒトパピローマウイルスに感染しているなどがあげられます。
また、子宮体がんは、50代が罹患のピークで、その危険因子は、閉経年齢が高い・出産歴がない・肥満・糖尿病・高血圧・乳がん・大腸がんの家族歴などです。
これらのがんは、早期治療を行えば完治することも可能なため、検診を受けて異形成(前がん状態)の段階で発見することが大事です。
また、がんだけでなく、子宮筋腫や卵巣嚢腫などの病気の発見にもつながりますので、30才を過ぎたら1年に1度の受診を心がけましょう。

検査項目

※施設や受診コースによって異なります。

子宮体がん検査
(子宮体部細胞診)
子宮の奥の方にある部分(子宮体部)の細胞を採取し、その細胞をスライドガラスに塗布して各細胞を見やすく染色した後、採取した細胞の中に癌細胞や癌細胞になりかけているもの(異型細胞)がないかを顕微鏡で観察する検査方法です。
子宮頸がん検査
(子宮頸部細胞診)
内診台に上がった状態で、婦人科医が子宮頸部を綿棒などで軽くこすって細胞をとり、顕微鏡でがん細胞がないかを調べます。
細胞採取は2~3分程度で終わり、痛みもほとんどありません。
敏感な部分ですので人によってはこの時に出血することもあります。
経膣エコー検査
(経膣超音波検査)
細い超音波器具(プローブ)を膣内に挿入し、はね返ってくる超音波を見ながら子宮の状態を調べます。経膣エコー検査は、子宮がんだけでなく卵巣の変化や子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・卵巣腫瘍などを詳細に調べることができます。

子宮がん検診 流れ

※施設や受診コースによって異なります。

  • 前日
準備
生理中は正しい結果が得られない場合がありますので、なるべく生理日を避けた日に予約しましょう。
妊娠中や妊娠の可能性のある時は必ず事前に伝えましょう。
前日の膣内洗浄や性行為は避けましょう。
検査後出血がある場合もあるので生理用品を持参すると安心です。
  • 当日
問診・着替え
尿検査が項目に入っていない場合は、事前に排尿を済ませましょう。 問診では妊娠・出産の経験の有無、月経の状況などの質問があります。
検査項目
  • 終了

 

子宮がん検診の施設を検索・予約する

主なコースの紹介

病気とリスク

おすすめの施設