受けて安心の名医による専門ドックは、EPARK人間ドックから探す。
健保検診不可について
ようこそゲスト様
 

糖負荷試験

検査時は時間が過ぎるのをゆっくり待ちましょう

糖負荷試験とは、空腹時の血糖値とブドウ糖を摂取してからの血糖値の推移を一定時間調べる検査方法です。
血糖値は食事に影響され常に変動しています。健康診断などの採血で調べる血糖は基本的に空腹時血糖です。
糖尿病の方は一度上昇した血糖値はなかなか下がらず高血糖状態を維持します。
食後高血糖は糖尿病初期の危険サインでもあるため、空腹時血糖のみで糖尿病の診断はできません。

糖負荷試験は、空腹時血糖と負荷2時間後血糖を比較して糖尿病型・境界型・正常型に判定します。
境界型は糖尿病予備軍のようなイメージです。

糖負荷試験 方法
  1. (1)空腹時に採血をします。
  2. (2)75gのブドウ糖を飲み、負荷30分後→1時間後→2時間後と時間を追って採血します。
何度も採血するので多少の苦痛があります。
検査時の注意点
  • 検査前日から絶食です(絶食10時間が理想です)。
  • 血糖値はいろいろな影響を体内に及ぼしています。検査後に体調を崩す可能性もあるため、できれば誰かに同行してもらいましょう。
  • 検査中は安静状態で水以外の摂取は禁止、禁煙です。
  • 薬を常用している場合は事前に飲んでよいかを確認しましょう。

糖尿病の初期症状はわかりにくい

糖負荷試験は、糖尿病・糖尿病境界型などの発見・診断に役立ちます。
糖尿病とは、血糖値が高くなる病気です。
血糖値が高くなる理由は、細胞に運ばれて利用されるはずのブドウ糖が運ばれないため、血中にあふれてしまうためです。
ブドウ糖に影響を与え血糖値を下げる働きをするインスリンというホルモンの分泌が遅れたり、量の不足などから血糖値の上昇を抑えきれず高血糖の状態が続いてしまいます。

糖尿病は4つのタイプに分けられます。

糖尿病のタイプ
1型糖尿病 インスリンをつくる膵臓のベータ細胞を、自分の免疫系が異物と認識して破壊してしまうことが原因
2型糖尿病 インスリンの働きが悪くなる・インスリン量の不足が原因
妊娠糖尿病 妊娠によるホルモン変化が原因
その他 遺伝子異常やほかの病気が原因
糖尿病の自覚症状
  • やたらとのどが渇く
  • 尿の量・回数が多い
  • 何もしていないのに体重が急激に減る
  • 全身がだるい・疲れやすい
  • 目がかすむ・視野がぼやける(視力障害)
  • 尿に糖が出る・尿が泡立つ・便器がベタベタする
  • インポテンツ(性欲減退)
  • 運動中・睡眠時によく足がつる
  • 汗をたくさんかく
  • 傷が治りにくい
  • 食後に強い眠気に襲われる
糖尿病の危険因子
(ハイリスク)
  • 遺伝
  • 過食
  • 肥満
  • 運動不足
  • 生活環境
  • ストレス
  • 加齢(50歳以上)
  • ホルモン変化

自覚症状のない糖尿病が怖い理由は、合併症(糖尿病の3大合併症:糖尿病神経障害・糖尿病網膜症・糖尿病腎症)に静かに進行していくことです。
健康診断などで糖尿病予備軍と言われた場合は現在の自分の状態を把握するためにも糖負荷試験を受け、血糖値をコントロールし合併症を防ぎましょう。
異変があった場合は、眼底検査・尿タンパク・神経の検査などさらに詳しい検査を行ない病気の診断を行いましょう。

その他の検査

病気とリスク

おすすめの施設