受けて安心の名医による専門ドックは、EPARK人間ドックから探す。
健保検診不可について
ようこそゲスト様
 

女性不妊検査

数多くの検査で原因を探ります

不妊の原因を調べるためには、さまざまな検査が必要になります。
女性側は特に月経周期によって大きく変化するため、月経周期にあわせたタイミングで検査を進めていくことになります。
女性不妊検査とは、卵巣や子宮の状態・ホルモンの値などを調べ、不妊の原因を探る検査方法です。

女性不妊検査 方法
基礎体温 起床後、婦人体温計で体温を計測してグラフに記入し、体温の変化からホルモンバランスの状態を見ます。
経腟超音波検査 膣からプローブを入れ超音波を使い子宮・卵巣の状態を観察します。
子宮頚管粘液検査 排卵期の頚管粘液を調べ、排卵時期や卵巣機能を調べます。
フーナーテスト(性交後試験) 性交後の子宮内の粘液を採取し、粘液中の精子の動きを観察します。
抗精子抗体(血液検査) 精子に対する抗体がないかを調べます。
子宮卵管造影検査 子宮内に造影剤を注入しレントゲンを撮ります。
通気検査 炭酸ガスを子宮~卵管内に通し、圧力の変化をみます。
血液・尿検査 妊娠に関係するホルモンを測定します。
子宮鏡検査 腟から細いカメラを挿入し子宮内を直接見ます。
クラミジア検査 クラミジアに感染しているかを調べます。
検査時の注意点
  • 不妊検査は男女両方の検査が必要ですから、パートナーと一緒に検査を受けましょう。
  • できれば基礎体温表をつけて持参しましょう(数ヶ月分)。

女性不妊の原因は様々

不妊とは、妊娠を希望し避妊をしていないのに1~2年以上にわたって妊娠に至れない状態や妊娠しても一定期間以上維持することができない状態のことを言います。
女性不妊検査は、不妊の原因がどこにあるかを突き止めるのに役立ちます。

不妊と言われる目安の期間は年齢によって変わります。

30歳未満 避妊なしで普段性行為があるが2年以上が経過している
30歳以上 避妊なしで普段性行為があるが半年以上が経過している
女性不妊の原因
卵管障害 性感染症・子宮内膜症・虫垂炎など骨盤内の手術を受けた経験がある。
排卵障害 ホルモンバランスの崩れ。
子宮の異常 子宮奇形・子宮筋腫・子宮内膜症・性感染症・人工妊娠中絶による子宮内膜の癒着・子宮内膜ポリープなど。
子宮頸管の通過障害 頸管粘液量の低下。
骨盤内に病変がある 子宮内膜症・腹膜炎・開腹手術の後遺症などにより骨盤内に癒着が起こっている。
膣や外陰部のトラブル 半陰陽・腟の欠損や奇形・処女膜閉鎖など。
免疫異常 抗精子抗体。
原因不明 明確な原因が突き止められない場合も不妊症全体の1/3あると言われ、検査では見つからない原因が潜んでいると考えられています。

女性が妊娠できる年齢は40代前半までと言われています。
早い時期に検査をして不妊の可能性を探り、妊娠しにくい原因が見つかれば早期に対応しましょう。
不妊症の検査は内容により健康保険が適用しないものもあります。医療機関に事前に健康保険の適用の有無・およその費用を確認すると安心です。

その他の検査

病気とリスク

おすすめの施設