受けて安心の名医による専門ドックは、EPARK人間ドックから探す。
健保検診不可について
ようこそゲスト様
 
トップページ»  検査内容の紹介»  保健指導»  特定保健指導

特定保健指導

リスクにより3段階でクラス分け

特定保健指導とは、40歳~74歳までの公的医療保険加入者全員を対象とした保健制度(2008年4月より開始)で、生活習慣病予防健診(特定健診)を受診した後、メタボリックシンドロームのリスク数に応じて生活習慣の改善が必要だと思われる方を対象に行われる保健指導のことです。
特定検診では、メタボリックシンドロームが生活習慣病への通過点にあるという考えに基づき、メタボリックシンドロームの判断基準でもある内臓脂肪型肥満に着目し、内臓脂肪を反映すると言われる腹囲の測定が通常の健康診断に追加されています。
生活習慣を改善するための保健指導を行い、生活習慣病の有病者(糖尿病等・高血圧症、脂質異常症)の予備群を減少させることを目的としています。

特定保健指導は、メタボリックシンドロームのリスク数に応じてクラス分けされ(情報提供・動機付け支援・積極的支援)、クラスに合った保健指導(運動指導・栄養指導)を受けます。

A.腹囲とBMIから内臓脂肪蓄積のリスクを判定
  1. (1)腹囲:男性85cm・女性90cm以上
  2. (2)腹囲:男性85cm未満・女性90cm未満でもBMIが25以
B.追加リスク
  1. (1)血圧:収縮期血圧130mmHg以上または拡張期血圧85mmHg以上
  2. (2)血糖:空腹時血糖100mg/dl以上 または HbA1c(NGSP)5.6%以上
  3. (3)脂質:中性脂肪150mg/dl以上 または HDLコレステロール40mg/dl未満
  4. (4)喫煙歴有り。(1)~(3)のリスクが1つでもあればリスクとして追加でカウントする。

情報提供・動機付け支援・積極的支援にクラス分けされた後は専門職(管理栄養士・保険師・看護士)と面談を行い、これまでの生活習慣を振り返り、なるべく無理のない継続実施可能な食事や運動などの個別のプログラムを設定します。
クラスにより頻度は変わりますが、その後6ヶ月間、電話・e-mail・FAXなどで相談や途中経過を報告して継続的に支援が行われます。

メタボは放っておくと怖い病気に繋がります

日本人の三大死因は、癌・心臓病・脳卒中と言われていますが、心臓病と脳卒中は動脈硬化が要因となって発生する病気です。
メタボリックシンドロームとは、「内臓脂肪型肥満」+「高血糖・高血圧・脂質異常症のうち2つ以上該当する状態」のことを言い、高血糖・高血圧・脂質異常が複数重なればなるほど動脈硬化を急激に促進させ、心臓病や脳卒中を招きます。
内臓脂肪が多いほどメタボリック・シンドロームの発症の可能性は高まり、腹囲は内臓脂肪に比例して増減することからメタボリックシンドロームを予測する重要な情報になっています。

特定保健指導は、生活習慣・運動・栄養についての自分の問題点に気付き、専門家の力を借りて必要な知識を身につけ改善に向けて実践することができ、自己流の生活で気付かないうちにメタボリック状態になってしまった現状を変える良いきっかけになります。
この制度は利用を義務付けられてはいませんが、制度を利用して状態が改善したというデータもありますので、対象になった場合は積極的に制度を利用して参加していきましょう。

保健指導

病気とリスク

おすすめの施設