受けて安心の名医による専門ドックは、EPARK人間ドックから探す。
健保検診不可について
ようこそゲスト様
 

運動指導

無理のない運動を設定

運動指導とは、特定健診を受診した結果、特定保健指導(情報提供・動機づけ支援・積極的支援)の実施が必要だと判断された時に受ける保健指導のことを言います。
特定健診とはメタボリックシンドロームに着目した健康診断です。
生活習慣病は日頃の運動習慣とも深い関係があるといわれており、運動指導では日常活動量の向上・運動方法のアドバイスを受けることができます。

下記のA・Bに当てはまるリスク数に応じて情報提供・動機付け支援・積極的支援にクラス分けされ、その中で動機付け支援・積極的支援のどちらかに該当した場合、運動指導の対象になります。

A.腹囲とBMIから内臓脂肪蓄積のリスクを判定
  1. (1)腹囲:男性85cm・女性90cm以上
  2. (2)腹囲:男性85cm未満・女性90cm未満でもBMIが25以上
B.追加リスク
  1. (1)血圧:収縮期血圧130mmHg以上または拡張期血圧85mmHg以上
  2. (2)血糖:空腹時血糖100mg/dl以上 または HbA1c(NGSP)5.6%以上
  3. (3)脂質:中性脂肪150mg/dl以上 または HDLコレステロール40mg/dl未満
  4. (4)喫煙歴有り。(1)~(3)のリスクが1つでもあればリスクとして追加でカウントする。

動機付け支援・積極的支援にクラス分けされた後は専門職(保健師・管理栄養士・栄養士など)と面談を行います。
面談ではこれまでの生活習慣を振り返り、なるべく無理のない継続実施可能な食事の個別のプログラムを設定し、目標達成に向けて取り組んでいきます。
クラスにより頻度は変わりますが、その後6ヶ月間、電話・e-mail・FAXなどで相談や途中経過を報告して継続的に支援が行われます。
運動指導は指定の医療機関(全国で約1600箇所)・自宅・希望する場所などで受けることができます。

運動時の注意点
  • きついと感じない程度の運動量
  • 正しいフォームを意識する
  • クッション性の良い靴や吸汗性の良いウェアを着る
  • 体調と相談し無理はしない

運動で脂肪燃焼を促します

日本人の三大死因は、癌・心臓病・脳卒中と言われていますが、心臓病と脳卒中は動脈硬化が要因となって発生する病気です。
メタボリックシンドロームとは、「内臓脂肪型肥満」+「高血糖・高血圧・脂質異常症のうち2つ以上該当する状態」のことを言い、高血糖・高血圧・脂質異常が複数重なればなるほど動脈硬化を急激に促進させ、心臓病や脳卒中を招きます。
内臓脂肪が多いほどメタボリック・シンドロームの発症の可能性は高まり、腹囲は内臓脂肪に比例して増減することからメタボリックシンドロームを予測する重要な情報になっています。

運動指導を受けることは、対象者が自分の運動不足を自覚し自主的に体を動かす事を継続的に行うようになり、生活習慣の改善に役立つことにつながります。
この制度は利用を義務付けられてはいませんが、制度を利用して状態が改善したというデータもありますので、対象になった場合は積極的に制度を利用して参加していきましょう。

保健指導

病気とリスク

おすすめの施設