受けて安心の名医による専門ドックは、EPARK人間ドックから探す。
健保検診不可について
ようこそゲスト様
 
トップページ»  病気と原因»  子宮がん(頸がん・体がん)

子宮がん(頸がん・体がん)

赤ちゃんが育つ"保育器"にできる悪性腫瘍

「子宮がん」とは、子宮の内側から膣側出入口にかけての粘膜に生じる悪性の腫瘍(がん)です。

子宮は妊娠から出産までの間、赤ちゃんを育てる“保育器”としての働きがありますが、”保育器”本体である「体部」と子宮の出入口である「頸部」に分かれます。

子宮体部にできるがんを「子宮体がん」、頸部にできるがんを「子宮頸がん」と区別しており、子宮体がんと子宮頸がんを合わせて「子宮がん」と呼んでいます。子宮がんのうち、約7割が子宮頸がんです。

子宮体がんと子宮頸がんでは、原因や初期症状、発症しやすい年齢、治療法等も異なります。

子宮体がんに関わるエストロゲン

子宮体がんの原因は、「体質」と、「体の環境」の2本柱です。そしてどちらにも、「エストロゲン」という女性ホルモンが関係しています。

エストロゲンは、思春期以降に“女性らしさ”を作り出したり、子宮内を赤ちゃんのための「保育器」に変えていく働きがあるホルモンです。

エストロゲンの分泌異常という「体質」があると月経不順として現れます、また高血圧や肥満、糖尿病、ストレス過多といった全身の「環境」はエストロゲンの分泌にも影響します。

これらに当てはまる方は子宮体がんのリスクが高まると言えるでしょう。

ただし、子宮体がんの約1割はエストロゲンに無関係に発症しますので、これらの危険因子がなくても安心はできません。

発症しやすい年齢は50代~60代と子宮頸がんと比較して高いことが特徴ですが、月経不順がある場合は20代~40代の若年でもリスクは高くなります。

子宮頸がんの原因は『ヒトパピローマウィルス』への感染

子宮頸がんの原因はズバリ、「ヒトパピローマウィルス(HPV)」というウィルスへの感染です。

HPVの感染経路は性交のみ。つまり、性交経験のある方は誰でも感染する機会があり、子宮頸がんを発症するリスクがあるのです。

性交相手が多い、性交頻度が多い、初めての性経験が早い、パートナーの性交相手が多い方はHPVへの感染リスクも高くなるため、子宮頸がんの発症リスクも高くなります。

20代~30代にかけて患者数が急激に増え、若い女性でもっともかかりやすいがんです。

不正出血が見られた時は、もう既に…?

通常、月経時以外で子宮からの出血や痛みはありません。正常なおりものは白色やごくごくわずかに黄色味を帯びた色で無臭です。

しかし、「ちょっと、おかしなことが起きていますよ」というサインを送ってくれることがあります。それががんの初期症状です。

ただし“サイン”があるのは子宮体がんのみ。子宮頸がんの初期では、そのサインはなく、無症状で経過します。

子宮体がんの症状

子宮体がんの症状は不正出血、おりものが茶褐色や褐色となり臭いが強い、下腹部に鈍い痛みがある、性交時に痛みがある、などです。

子宮頸がんの症状

初期は無症状です。進行すると、子宮体がんと同様に性交時の痛みや出血、おりものの臭いが強くなり茶褐色や黒褐色となったり、下腹部や腰の痛みが生じます。しかしこれらの症状がみられるときは既に進行しているかもしれません。

基本は『問診』『細胞診』、精密検査で『内視鏡』『画像』+『手術』

基本的な検査は①「問診」②「細胞診(組織診)」で、更に精密検査では③「内視鏡検査」④「画像検査」が行われます。

まず問診では、症状や月経周期、妊娠・出産歴、現在の症状等が聞かれ、この回答内容によりがんのリスク度を把握したり、他疾患の可能性などをチェックします。

次に、子宮の細胞や組織を採取する細胞診▪組織診が行われます。顕微鏡で細胞ががん化しているかどうかを見るもので、「陰性(正常)」「疑陽性(がん化している可能性がある)」「陽性(がん化している)」に分けられます。

更に詳しい検査が必要となるのは、「疑陽性」と「陽性」です。

内視鏡検査は、子宮体部及び頸部の病変をみる「子宮鏡診(ヒステロスコピー)」で、腟から子宮の内部に細い管(光ファイバー)を入れ、子宮の中を直接観察する有用性の高い検査です。

その他、子宮体がんでは、CTやMRIなど体の外からの撮影、膣側からの超音波検査(エコー)で画像としてがんの大きさや形をみる画像検査も行われます。

また、子宮頸がんでは、検査と治療を兼ねた手術(円錐切除術)が行われることもあります。

細胞診により陽性と判定され、かつ進行が疑われる場合、がんが他の臓器に転移するタイプのものかを調べるために、子宮の入り口(子宮口)を円錐状に切り取り、組織を採取するものです。
これは、「病変部を切り取る」という治療と、切り取った組織の「悪性度などを調べる」という検査のふたつの目的があります。

20歳以上の女性は毎年1回子宮がん検診を

がんの初期には症状が無い場合が多いため、1年に1回は、20歳以上で子宮頸がん検診、40歳以上で子宮頸がんと子宮体がんの検診を行ないましょう。

病気とリスク

おすすめの施設