受けて安心の名医による専門ドックは、EPARK人間ドックから探す。
健保検診不可について
ようこそゲスト様
 
トップページ»  病気と原因»  心筋梗塞

心筋梗塞

冠動脈の閉塞による心筋細胞の壊死と心機能低下

心臓の細胞(心筋細胞)には2本の冠動脈により絶えず栄養と酸素が供給されています。

心筋梗塞とは、この冠動脈が完全に詰まって心筋への血流を断絶して酸素供給が途絶えることにより、心筋が壊死してしまう疾患です。

心筋梗塞の発症が原因で心室細動とや不整脈を起こし、死亡する危険性が非常に高い疾患です。

原因は生活習慣による動脈硬化や、ストレス

冠動脈の閉塞は、動脈硬化が最も大きな原因になります。

脂質代謝異常や糖尿病などを放置すると、動脈の内壁に脂肪の塊(プラーク)が形成され動脈硬化が起こります。
このプラークが徐々に大きくなって冠動脈の内腔を完全に塞いだり、プラークが血管内に飛び出して血栓となり、冠動脈に詰まることで心筋梗塞を招きます。

動脈硬化の原因としては、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)や中性脂肪の高値、HDLコレステロール(善玉コレステロール)の低値、高血圧、運動不足といった生活習慣が挙げられます。

動脈の内腔にプラークが形成されている状態は、動脈が硬く脆くなっていることを意味します。ここに高血圧で強い圧が加えられたり、糖尿病(高血糖状態)による血管へのダメージ、喫煙など血管への刺激が加わると、プラークが破綻しやすくなります。

また、動脈硬化以外の理由によるものとして、冠動脈の攣縮(れんしゅく:縮んで細くなる)があります。高いストレスなどが原因で心臓への負荷が大きくなると、冠動脈のけいれんである攣縮を起こすことがあります。

攣縮を起こしている間は一時的に心筋への血流が滞るため、短時間の場合には血流不足での狭心症(冠攣縮性狭心症)でとどまりますが、攣縮が長時間続くと血流が完全に途絶える心筋梗塞になります。

"体験したことがないような"激烈な胸部苦悶感

非常に強い痛みと締め付けられるような胸部苦悶感が15分以上、長い場合は数時間続きます。
痛みは「これまでに体験したことが無いほどの痛み」と表現されたり、「焼けつくような」あるいは「絞られるような」感覚とされることもあり、症状は首や肩、左腕まで及ぶことがあります。

発作を起こしている間は、冠動脈の閉塞部分より先への血流が途絶え、酸素が行っていない状態です。

心筋は壊死し、心機能が著しく停止することで冷や汗や血圧低下、顔面蒼白、嘔吐や嘔気といった症状が現れます。

救命率向上のポイントは迅速な検査と確定診断

激烈な胸痛や胸部絞扼感などの症状が生じたら、すぐに医療機関を受診することが重要です。

心筋梗塞で死亡する方の9割は発症から1時間以内であり、発症後の対処が早ければ早いほど救命率も上がるため、早期受診と早期確定診断及び治療開始が必要となります。

検査は

(1)心筋梗塞かどうか確定診断のための検査

(2)重症度をみるための検査

(3)治療目的も含む検査

に分かれます。

(1)鑑定診断のための検査

心電図検査

胸部に電極を装着し、心臓の動きを電気的に示すものです。心筋梗塞の場合には特有の波型がみられ、また心臓全体が不規則に収縮する致死的な不整脈などが現れる場合があります。

血液検査

心筋が破壊されたことにより上昇する酵素や、肝機能、脂質、血糖値等を総合的に判断します。

心筋シンチグラム

冠動脈の状態ではなく、心臓の機能を調べる検査です。短時間で消失する放射性物質を注射して一定時間経過後に心臓を撮影します。機能が失われている心臓の有無や、血流が絶たれている部分を確認することができます。

(2)重症度を見るための検査

胸部レントゲン検査

心臓のうっ血(心肥大)の有無を調べます。

心臓超音波検査

心臓全体の動きや心肥大の有無、弁の動きとポンプ機能、冠動脈の閉塞と心筋への血流阻害による機能低下などを見ます。冠動脈の閉塞箇所より先では、心筋への血流が断絶されることにより心臓の動きが著しく低下します。

(3)治療目的も含む検査

冠動脈造影検査

造影剤を冠動脈に注入してX線撮影します。冠動脈の閉塞や狭窄及び血管の攣縮を見ることができます。

病気とリスク

おすすめの施設