受けて安心の名医による専門ドックは、EPARK人間ドックから探す。
健保検診不可について
ようこそゲスト様
 

頭痛

"ただの頭痛"でほっといていませんか?

頭痛には、原因となる疾患などが無い「一次性頭痛」と、何らかの大きな疾患が存在し、その症状のひとつとして発生する「二次性頭痛」があります。

一次性頭痛は命に関わることはありませんが、繰り返し生じるため生活に支障を来すこともある辛いものです。

原因により、大きく「緊張性頭痛」「片頭痛(偏頭痛)」「群発頭痛」に分けられます。

一方、二次性頭痛は後遺症や命の危険を伴う場合があり、一刻も早い受診を要する危険な頭痛です。

頭痛もちの一次性頭痛、命の危険もある二次性頭痛

一次性頭痛

日常で頻繁に頭痛が生じる“頭痛もち”の多くは一次性で、中でも緊張性頭痛が大部分を占めています。

緊張性頭痛は、頸部や頭蓋骨を覆う筋肉の“こり”が原因です。ストレス、パソコン画面を見ながらの操作などで長時間同じ姿勢を取り続ける、カバンを左右片側だけで持つ、歯を無意識のうちに食いしばるといった日常の習慣が原因で背中から頸部・頭部の筋肉がこり固まり、血行が悪くなることで頭痛が起こります。

片頭痛(偏頭痛)は、頭蓋内の血管が拡張することにより生じる頭痛です。血管が拡張する原因は、血管を収縮させる物質の濃度変化や、三叉(さんさ)神経という顔面周囲の感覚を担う神経から放出された物質の作用とされています。どちらも体質的な要因が影響していますが、ストレスの多い生活や過労の影響も少なくありません。男性よりも女性に多い傾向があります。

群発頭痛の原因は明らかではありませんが、多くは毎日ほぼ決まった時間に発症するため、体内時計が関与していると考えられています。

二次性頭痛

主に、頭蓋骨内や頸部の血管異常、脳圧の亢進、眼科・耳鼻科や歯科疾患、感染症や薬物の副作用、精神疾患等、何らかの疾患が存在して、その症状のひとつとして現れます。

脳を覆うくも膜の血管から出血するくも膜下出血、脳内を走る血管の奇形や瘤などが破裂する脳血管出血、頭部や頸部の外傷性出血のほか、脳腫瘍などが頭蓋骨内で大きくなることで脳圧が高まり頭痛が生じるといったケースが多くみられます。

痛みに波がある一次性頭痛、激しい痛みの二次頭痛

一次性頭痛

緊張性頭痛は、首や頭部の筋肉がこり固まることが原因で発症するため、普段から首や肩がガチガチに硬くなっています。朝はこりも比較的軽く頭痛もあまり感じませんが、パソコン操作等を続けた昼から夕方にかけて後頭部がジワジワと締め付けられるような痛みが生じたり、強くなる傾向があります。

片頭痛は、頭の片側(または両側)がズキズキしたり、動かすと痛みを感じます。また、前駆症状(予兆)を伴う場合が多く、目がチカチカする、吐き気や空腹を感じるといった症状を自覚したり、気候の変化(天候が悪くなる、湿度が変化する)から発症を予感することもあります。

群発頭痛は、1ヶ月程度の一定期間、多くは夜間に生じるのが特徴です。一次性頭痛の中でも痛みはきわめて強く、片側の目の奥をえぐられるような鋭い痛みを感じます。あまりにも強い痛みのため、じっと座っていたり、静かに寝ていることができません。その他、目の充血や瞼の腫れや垂れ下がり、涙や鼻水を伴うこともあります。患者数は少ないものの、非常に強い痛みが一定期間続くことから、日常生活に大きな影響を及ぼします。

二次性頭痛

二次性頭痛は、「これまで経験したことの無いほどの強い痛み」が特徴です。また、頭痛以外にも意識が遠のくといった意識障害やろれつが回らなくなるなどの言語障害、手足のしびれなどがある場合には二次性頭痛を疑います。また、いつもは効いている鎮痛薬が効かない、痛みがどんどん強くなるといったケースもあります。

強い痛みが続く場合は早めの病院受診を

強い痛みの場合は二次性頭痛であることを疑い、迅速に検査をして疾患の有無を調べます。頭部のCTやMRIで頭蓋内の出血や腫瘍の発生を確認するほか、血液検査や尿検査も併せて実施します。

基礎的な疾患が無いと診断された場合、症状や問診で一次性頭痛の原因を探ります。

問診で聞かれる内容には、「いつから」「持続時間」「頻度」「場所(左右や前後の他、目・耳・鼻の奥、後頸部等)」「性質(ガンガン、ズキンズキン、重い、焼ける、締め付けられる、割れる等)」「程度(我慢できる、鎮痛剤で治まる、鎮痛剤でも治らない、日常生活に影響がある等)」「他の症状があるか」などがあります。

頭痛ダイアリーのように、頭痛が起きる時間帯や強さ、動作との関連、前駆症状など、気付いたことをメモしておくと受診の時に役立ちます。

病気とリスク

おすすめの施設