受けて安心の名医による専門ドックは、EPARK人間ドックから探す。
健保検診不可について
ようこそゲスト様
 

糖尿病

日本人の患者数は約700万人!甘くみがちな糖尿病

糖尿病の疑いがあり、簡易血糖値測定器で血糖値を測っている様子

糖尿病とは簡単に言ってしまえば本来は体内で栄養として利用される糖が、利用されることなく尿と一緒に体外へ排出されてしまう病気です。

糖尿病は現代病の一つとして知られている認知度の高い病気で、日本における患者数は約700万人にも上り、年々増加傾向をたどりながら多くの患者を悩ませ続けています。

その症状は様々ですが、薬の服用や食事療法、運動療法によって通常生活を送れる患者が多いことから、この病気を軽視される方も多いようです。

しかし実際は3大合併症と呼ばれている糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害などの合併症を引き起こすことが多く、決して楽観できるものではありません。

失明や透析導入の原因のナンバーワンであることを考えても、継続した的確なケアが不可欠な病気と言えるでしょう。

Ⅰ型糖尿病とⅡ型糖尿病、その違いは?

糖尿病は病状によってⅠ型糖尿病とⅡ型糖尿病の2種類に分けられます。

Ⅰ型糖尿病はインスリン注射が必要なことからインスリン依存型とも呼ばれ、ウイルス感染や自己免疫疾患によるすい臓の破壊が原因で引き起こされます。

このタイプの糖尿病患者は若年でやせ型の方に多いという点と、発症率が全糖尿病の5%と患者数が少ないことが特徴です。

Ⅱ型糖尿病はインスリン非依存型とも呼ばれ、体質の遺伝に食べ過ぎ、運動不足、ストレスが加わって発症します。

Ⅰ型糖尿病のようにインスリン注射を必要としないことが多く、食事療法や運動療法による治療が用いれられます。

糖尿病患者の大多数を占め、食事療法や運動療法だけで十分な成果が得られない場合は、インスリン注射や内服薬の服用が必要となってきます。

糖尿病が引き起こす、重篤な合併症

糖尿病の初期段階は自覚症状はほとんどありませんが、病状が進むにつれ、血糖値が徐々に上昇して全身倦怠感や頻尿、尿量増加、体重減少、口の渇きなどの症状が出るようになってきます。

しかし糖尿病において一番注意しなければならないのはこれら症状よりも、冒頭でも申した合併症です。糖尿病は進行すると重篤な合併症を引き起こす病気ですから、糖尿病の進行を止めなければ生活にも支障をきたす症状を発症することととなります。

代表的な合併症としては、

  • 3大合併症(糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害)
  • 動脈硬化症
  • 急性合併症(糖尿病性昏睡、糖尿病性感染症、尿路感染症)

などがあります。

このような重篤な合併症を引き起こさないためにも、糖尿病にならないための予防と治療が本当に大事になってくるのです。

早期発見すれば日常生活に支障は出ません

糖尿病の検査は他の病気と違って比較的簡単な検査で分かることができます。

糖尿病の検査は通常時の血糖値と、朝の空腹時の血糖値、ブドウ糖を飲んだ後の血糖値を測って、血糖値に異常がないかを調べます。

そしてこの際に異常値があった場合は、また後日同じ検査をして異常があるかどうかを調べます。この2回の検査で両方とも異常が認められた場合、糖尿病と診断されます。

この糖尿病検査は平成20年度より健康保険に加入している40歳以上の方全てに実施されることになっています。

糖尿病は早期発見、早期治療で通常時とまったく変わらない生活を送ることのできる病気ですので、健康診断を毎年受けていない方や、生活習慣に問題がある肥満型の方は年齢に関係なく、定期検診を欠かさないようご注意ください。

病気とリスク

おすすめの施設