受けて安心の名医による専門ドックは、EPARK人間ドックから探す。
健保検診不可について
ようこそゲスト様
 

認知症

高齢化社会に伴い増加が止まらない認知症患者

高齢化に伴い認知症と向き合う老夫婦

認知症とは健康に過ごしていた方が色々な原因によって、脳細胞が壊死したり、それに近い状態になることで慢性の知能低下が引き起こされた状態を言います。

認知症を発生させる最大の危険因子が加齢ということから、今後ますます深刻化する高齢化社会を迎える日本は患者数の増加が問題となっており、2010年に200万人だった患者数は2020年には325万人まで増加することが予測されています。

また近年では18歳から44歳の間に発症する若年期認知症患者も増加傾向にあることからも、今後の日本にとって認知症の予防・治療は最重要課題の一つとなっています。

認知症の原因は脳神経細胞の活動の阻害

認知症を発症するのは、知能に関係する脳神経細胞の活動が阻害されることが原因です。

細胞活動への阻害が小さい場合は深刻な症状は現れませんが、その程度が度を超すところまで進行すると認知症と呼ばれる症状まで進展してしまいます。

認知症は患った病気が原因となっており、脳の神経細胞がゆっくりと死んでいくアルツハイマー病や前頭側頭型認知症、側頭型認知症、レビー小体病などの変性疾患と呼ばれる病気が最も多い原因と言われています。

そしてその次に多いのが脳梗塞、脳出血、脳動脈硬化で、脳神経細胞に栄養と酸素が運ばれずに細胞が壊死、または壊死に近い状態になることで引き起こされ、この認知症は脳血管性認知症と呼ばれます。

症状の特徴は知覚障害と精神障害の2つ

認知症の症状は原因となる疾患が何であるかという点と、脳のどのあたりの細胞に問題があるがで大きく変わってきます。

まず、どの場合でも初期症状として確認できるのが「物忘れ」です。
これは加齢と共に発生する症状ですから、最初はなかなか周囲も判断し辛いのですが、進行するとともにその症状は酷くなっていきます。

深刻な記憶障害の他にも認識力や思考力の低下が発生し、通常生活にも大きな支障をきたすこととなります。

また、これらの症状によって患者は不安感や焦燥感を感じやすくり、それが原因で怒りやすく、興奮しやすくなります。
ですから、認知症患者は被害的で妄想的な解釈をすることも珍しくないのです。

このように認知症の症状としては知覚障害と精神障害の2つが大きな特徴というわけです。

認知症は症状・段階によって治せる病気です!

認知症の検査としてはCT、MRI、脳血流検査(SPECT)などの画像検査がありますが、まず最初に行われるのが、改訂長谷川式簡易知能評価スケ-ルやミニメンタルステイトなどの記憶・知能などに関する心理検査です。

この心理検査では知能的機能低下を判断することができるのですが、認知症以外でも精神疾患や意識障害でも知能的機能低下は引き起こされるので、異常が認められる場合には、脳の状態をはっきりと確認できるCT、MRI、脳血流検査などの画像検査も行われます。

認知症は治らない病気だから早期発見は関係ないという認識が多いようですが、引き起こす原因となる疾患や病状によっては大きな回復も望めますし、進行を遅らすことも可能です。
ですから、原因となる病気を早めに見つけるための定期診断は欠かさないように心がけましょう。

認知症が気になる方におすすめの医療機関

病気とリスク