受けて安心の名医による専門ドックは、EPARK人間ドックから探す。
健保検診不可について
ようこそゲスト様
 

肥満

自分のBMI数値を測ってみましょう

お腹を出している肥満の男性

肥満とは、正常な状態に比べて体重が多い状態や、体脂肪率が高い状態を指します。したがって、肥満であることそのものは病気とは言いません。

しかし、肥満が動脈硬化や高血圧や脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病をはじめとした数多くの疾患に大きくかかわっており、がんや脳卒中を引き起こす遠因ともなりうるため、危険な状態と見なされています。

また、体重が体にかかる負荷によって、腰痛や間接痛の原因となったり、「睡眠時無呼吸症候群」の原因ともなります。

肥満の状態を示す明確な指標として、BMI(Body Mass Index  肥満度指数)という数値で測ることになります。BMIは

BMI=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m) )

で算出し、日本肥満学会は標準のBMIを22としています。そして25以上の場合を肥満と診断し、ここから数値が大きくなればなるほど肥満の度合いは高く、様々な病気のリスクも高くなっていくとしています。

正しい食生活と適度な運動を

主な原因は食習慣にあります。
特に、高カロリー食品や、動物性脂肪に多い飽和脂肪酸やファーストフード、砂糖の添加されたジュースの過剰摂取が肥満の原因になります。

このことから世界保健機関では、脂肪や砂糖の摂取を制限することや、野菜と果物などの食物繊維を多く含む食品の摂取を推奨し、全粒穀物や豆類、ナッツ類などの摂取量を増やすことを推奨しています。

肥満が遺伝である可能性も示唆されていますが、これは太りやすい遺伝子による遺伝であり、太りやすいからといって肥満に直結するわけではありません。

逆に、親の肥満体形を見て健康に気をつけるようになり、正常な体型を維持している子供もたくさんいます。

そのほか、座りがちな生活と肥満にも密接な関係があります。
肉体労働の減少や交通手段の機械化、昨今、世界的に運動不足に陥る人口が増えており、それに伴って肥満も増えています。

自覚症状があれば早めに病院へ!

肥満の自覚症状として頻度の高いとされるものは呼吸障害です。
睡眠時にいびきをかいたり、10秒以上呼吸の止まる睡眠時無呼吸症候群がおきます。

それにより十分な休息がとれず、日ごろから注意力障害や居眠りと言った症状が現れることも珍しくありません。

重症化すると赤血球増多、チアノーゼ、多血症、右室肥大、右心不全、高血圧などが起こります。

これだけではなく、体重が増え過ぎることによって腰・膝・股の関節に負担がかかり過ぎて、腰痛や関節痛の原因となります。

その他、糖尿病や脂質異常症、高血圧、高尿酸血症、痛風、動脈硬化、脂肪肝などの健康障害の罹患リスクが2〜5倍と、非常に高くなります。

また、肥満の合併症には、胆石、生理異常のほか、悪性腫瘍が合併しやすいことが知られています。

これらの症状の中には、苦痛を伴う等の具体的な自覚症状が出ないまま悪化していくものも多くありますので、自分で太ったという自覚がある場合や、人から太っていることを指摘された場合には、医師に相談し、その上で肥満と診断されたならば医師の指導のもと生活習慣や食生活を改善しましょう。

セルフチェックが難しい肥満の診断

BMIによって肥満という判定が出たとしても、すぐに治療を始めるわけではありません。
医学的に減量を必要とする肥満を「肥満症」といいますが、肥満症には2つのケースが存在します。まず、BMIが25以上で、なおかつ以下の健康障害が伴っている場合です。

具体的に健康障害としては下記が挙げられます。

  • 耐糖能障害、2型糖尿病
  • 脂質代謝異常(高コレステロール血症、低HDLコレステロール血症、高トリグリセリド血症)
  • 高血圧
  • 高尿酸血症、痛風
  • 脂肪肝
  • 冠動脈疾患(心筋梗塞、狭心症)
  • 脳梗塞(脳血栓症、一過性脳虚血発作)
  • 骨・関節疾患(変形性膝関節症、変形性股関節症、変形性脊椎症、腰痛症)
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 月経異常(月経周期の異常、月経量と周期の異常、無月経、月経随伴症状の異常)
  • 肥満妊婦
  • 心理的サポートが必要な肥満症

また、BMI25以上でこれらの健康障害がない場合でも、検査によって内臓脂肪型肥満と診断された場合には治療によって減量を開始することになります。

内臓脂肪とは内臓周辺などの体の深いところについている脂肪であり、見た目にはそれほど太っていないように見えても、内臓脂肪が蓄積されている可能性があり、この場合はBMIが標準値であっても病気になりやすいとされています。

病気とリスク

おすすめの施設