受けて安心の名医による専門ドックは、EPARK人間ドックから探す。
健保検診不可について
ようこそゲスト様
 

便秘

どれくらい出なければ便秘なの?

便秘とは、便の排泄が困難になっている状態のことを言います。

排便には個人差が大きく明確な定義があるわけではなく、その定義は国や機関によって様々ですが、日本内科学会は便秘の定義を「3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態」としています。

快便で毎朝決まって便が出ていた人が、毎日便が出なくなった時には便秘であると思いがちですが、排便の間隔は体質や環境の変化によっても異なるため、ただちに便秘であると決め付けることはできません。

臨床においては、本人が苦痛を感じることがなく、生活に支障をきたさなければ、処置の必要が無いものとされているようです。

そのため上記の定義に当てはまったからといって便秘として決め付けるべきではありません。ですので、便秘について理解し、症状や自分の身体の状態を見極めることが大切です。

便秘の種類からわかる原因

便秘といってもその種類や原因は様々ですが、大別して機能性便秘と器質性便秘があります。

機能性便秘

機能性便秘は消化器官の機能低下が原因となって引き起こされますが、原因や症状に応じてさらに3つの種類に分けられます。

急性便秘

急性便秘は食事や生活の変化などをきっかけに大腸の蠕動運動が鈍ることで一時的に引き起こされる便秘です。原因には以下のようなものがあります。

  • 刺激の強い食べ物を食べた。
  • 極度のストレスを感じている。
  • 普段とはかけ離れた生活リズムで生活した。

環境の変化によって引き起こされる急性便秘は一過性のものが少なくなく、急性の腹膜炎や腸閉塞、腸捻転などの機能が支障をきたしている場合を除けば、原因を取り除いたり環境に適応したりすることによって自然に解消されます。ですが便秘症状が長引くと慢性的な便秘症状につながる恐れもあるので、注意が必要です。

慢性便秘

慢性便秘は数日間便通がない状態が慢性的に起こる状態です。原因や症状に応じてさらに3つの種類に分けられます。

  • 弛緩性便秘―筋肉の衰えによって大腸の蠕動運動が弱くなり、便が押し出せない状態。加齢や運動不足、無理なダイエットなどによって発生しやすいです。貧血が原因の場合もあります。
  • 痙攣性便秘―自律神経が乱れによって、腸が過剰に運動してしまい、結果痙攣して便が出なくなる状態。便秘と下痢を繰り返すことになる。
  • 直腸性便秘―直腸に異常があるために起こる便秘です。便意を我慢しすぎたり、浣腸をしすぎることによって体が直腸に便が留まることに慣れてしまい、直腸の感覚の鈍化原因で起こります。
医原性便秘

薬の副作用によって腸の動きが抑えられたり、自律神経の機能がうまく働かずに便秘になります。

器質性便秘

腸そのものが慢性腸炎、腸閉塞、腸捻転、大腸がん、腹膜炎、子宮筋腫などの腫瘍、炎症、閉塞といった病気を起こして腸管が狭くなる、あるいは先天的に腸が極端に長いなどの異常によって便秘になるものです。

便秘が引き起こすさまざまな身体の不調

程度にもよりますが、一度便秘になっただけで大事に考えることはありません。ですが、それが慢性的である場合には、少しお通じが悪いだけ・・・と安易に考える事は危険です。

慢性的な便秘は、肌荒れや代謝の低下による体重増加などの原因になりますし、最悪の場合大腸ガンや大腸ポリープ、動脈硬化となどにも繋がります。

便は食べたものから栄養を吸収されたカスであり、体に不要なものです。
不要なものは体外に排出されるのが自然です。体内にとどめたままでいれば腹痛、腹部膨満感、食欲不振、肌荒れ、むくみが発生し、腸内環境も悪化します。

また、体内からは毎日0.5~ 1.5リットルのおならが排出されますが、便秘によってうまくおならが排出されなければどんどんお腹にたまっていき、お腹は張ってきます。

おならのガスの大半は口内から飲み込まれるガスですが、ごくわずかなアンモニアや硫化水素、メタンなどの有害物質が含まれます。
これらは身体にとどまり続けると動脈硬化などの原因となり、口臭の原因ともなります。

そのほか、便秘による不快感はストレスのもととなり、さらに症状を悪化させることに繋がりかねません。

6種類の検査で便秘の悩みを解決!

便秘になって病院に行くと、まずは問診がおこなわれ、場合によっては原因を探るための検査を行います。検査は下記のようなものがあります。

使潜血検査

便を採集し、便中の血液の有無を調べる検査です。大腸検査などにも用いられます。

肛門・直腸指診

肛門から直腸に指を入れて、直腸の内壁を調べます。これによって直腸の状態や便の有無などを調べます

腹部X線検査

腹部のレントゲンを撮影して検査します。

注腸造影検査

肛門から造影剤を挿入し、レントゲンを撮影して検査を行います。

内視鏡検査

内視鏡を肛門から挿入し、医師が直接視診します。

血液検査

便秘の原因が貧血の場合は、血液検査によって判断することができます。

便秘は長く放っておけば様々な問題を生じますし、大腸がんなどの重篤な病気を引き起こす原因可能性もあります。我慢せずに早めに医師の診断を受けましょう。

病気とリスク

おすすめの施設