受けて安心の名医による専門ドックは、EPARK人間ドックから探す。
健保検診不可について
ようこそゲスト様
 

痔にはどんな種類・症状があるの?

痔とは肛門に起こる病気の総称です。

痔核(いぼじ)、痔瘻(じろう)、裂肛(きれじ)の3種類に分けられ、これらがお尻に起こる病気の90%を占めています。

そのうち痔核が50%、痔瘻が25%、裂肛が15%となります。残りの10%はガン、腸が飛び出る直腸脱、皮膚炎、肛門神経症などの大きな病気が主となります。

それぞれの痔の種類をくわしく見てみましょう。

痔核

肛門から直腸下部の周辺の毛細血管で血行不良が酷いと鬱血し、これが腫れてイボができます。発生する場所によって内痔核、外痔核と呼び方が変わります。

外痔核は痛みを伴うことが多く。悪化すると血栓などを生じて激しい痛みに変わることがあります。

内痔核は痛みはほとんどありませんが、炎症などによって痛みを生じることもあります。

痔瘻

痔瘻はあな痔とも呼ばれます。肛門のまわりに直腸からバイ菌が入ると、炎症を起こし、膿がたまります。この状態を肛門周囲膿瘍といいます。痔瘻は肛門周囲膿瘍の慢性化した状態です。この膿が大きくなると直腸と皮膚が瘻管と呼ばれるトンネルで繋がってしまいます。

悪化した痔瘻は痛みや発熱を伴います。また、手術が必要になります。

裂肛

裂肛はきれ痔とも呼ばれます。固い便などが原因で肛門が切れることです。出血は多くはありませんが、傷口を便が通過するたびに、強い痛みを感じます。症状が進行すると、傷口の粘膜が治るたびに引きつれを起こし肛門狭窄となります。

肛門への負担が痔になる原因に

痔核は肛門に負担がかかることで起こります。
長時間同じ姿勢で座っていたり、排便時に長い時間いきんだりすることが痔核の原因となります。

その他に冷やしすぎや、アルコールや刺激物の摂り過ぎも肛門への負担になります。肛門に負担がかかると、内肛門括約筋と肛門の粘膜の間にある、毛細血管などが集中している部分で血行障害を起こします。この部分が痔核になることがあるのです。

痔瘻は抵抗力が弱って下痢をしたときなどに、直腸と肛門の境にある肛門陰窩と呼ばれる小さなくぼみから、そこに繋がる肛門腺という腺組織にバイ菌が感染して膿がたまることで起こります。

裂肛は、固い便や下痢などに起因する物理的な作用によって、肛門が切れて起こります。

特に、便秘がちな方は、排便時に長時間にわたって強くいきむことで鬱血を起こしやすいので注意が必要です。また、固い便が出ることが多いため、裂肛になりやすいのです。

恥ずかしがらずに検査に行きましょう

痔の検査をする場合にはお尻を見せなければいけないため、恥ずかしい気持ちから病院に行くことを避ける方が少なくありません。また、痛い治療をされるのではないかと不安になる方もいます。

しかし受診が遅れれば重症になりますし、病院側でも様々な配慮をしている所もあるので、勇気を出して検査に行くべきです。

診察は問診→視診→触診ののち、必要に応じて検査等を行うのが普通です。実際の診断内容は以下の通りです。

問診

問診は問診票に書き込む場合と、直接医師から伺う場合があります。痛み、出血、腫れ、分泌物等について聞かれます。

視診

視診では肛門やその周辺の状態を確認します。シムス体位と呼ばれる診察台に体の左側を下にして横になる姿勢が一般的です。

触診

触診では医師が指で肛門とその周辺を触って調べます。ゴム製の指サックや手袋をはめて、麻酔作用のあるゼリーやワセリンを塗って触診します。痛みがひどい時には無理に検査されることはありません。

検査

検査では肛門鏡検査と大腸内視鏡検査があります。肛門鏡検査とは10cm程度の筒型の検査器具を肛門に挿入し、肛門内の内痔核・裂肛・痔ろうの位置などを診察します。大腸内視鏡検査は、先端にレンズがついた細い管のファイバースコープを肛門から入れて直腸や大腸の状態を診察します。

最近は痛みや恥ずかしさへの配慮がなされている病院も増えています。我慢をして症状をひどくするよりは、早めの診察を受けるべきでしょう。

病気とリスク

おすすめの施設