受けて安心の名医による専門ドックは、EPARK人間ドックから探す。
健保検診不可について
ようこそゲスト様
 
トップページ»  病気と原因»  慢性胃炎

慢性胃炎

"ただの胃痛"で放置したくない病気

慢性胃炎のため、胃をおさえる男性

慢性胃炎とは、胃の粘膜に慢性的に炎症が繰り返される病気です。

慢性胃炎には2つの種類があり、特発性慢性胃炎と、随伴性慢性胃炎があります。

特発性慢性胃炎にはさらに3つのタイプがあり、慢性委縮性胃炎、慢性肥厚性胃炎、慢性表層性胃炎があります。

慢性委縮性胃炎は胃の粘膜が委縮して薄くなり、胃酸が正常に分泌できなくなる症状です。

慢性肥厚性胃炎は胃酸過多となる慢性胃炎です。

慢性表層性胃炎は軽度の胃炎であることが多く、胃の粘膜に炎症が起きます。

治りやすいのですが、放置しておくと慢性委縮性胃炎へと進行するのでしっかりとした治療を受ける必要があります。

随伴性慢性胃炎は、胃潰瘍や胃がんなどと合併して起こる胃炎のタイプです。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍といった病気を持っている方の多くが、この胃炎も同時に持っていることが多いです。

これらの慢性胃炎が発症しても自覚しない方も多く、集団検診などの時に初めて見つかるようなケースも少なくありません。

慢性胃炎の原因はライフスタイルにあり!?

慢性胃炎は、胃に刺激が継続的に加わることによって胃が慢性的に炎症を起こすことが原因となっています。

刺激として挙げられるものに過度の喫煙、飲酒、ストレスがあり、最近ではピロリ菌感染との関係性にも注目が集まっています。

そのほかにも熱い食べ物を食べ過ぎること、薬による炎症、アレルギー、甲状腺機能低下症、鉄欠乏性貧血、糖尿病なども原因の可能性を指摘されており、ケースによって何が原因であるのか、特定は難しい状態です。

そのため、病院で診察を受けて様々な原因を検討し、可能性の濃厚なものから除去していくほかありません。

また、ストレスが原因となっている可能性がある場合には、ライフスタイルの見直しが必要になります。

慢性胃炎と胃がんリスクの関係

慢性胃炎は、自覚症状がない方もいれば、酷い症状に悩まされる方もいます。
主な自覚症状には、腹部の不快感、食欲不振、倦怠感などがあり、食後には胃の痛みや胸やけ、吐き気を抱えることもあります。
ひどい場合には食後に嘔吐することもあります。

これらの症状が1ヶ月以上にわたって繰り返された場合に慢性胃炎であるとされています。

治療に食事療法と薬物療法を行いますが、頻繁に吐血をしたり、薬で改善が見られない場合には、手術によって改善を図ることもあります。

また、慢性委縮性胃炎の方は胃がんの罹患率が高くなることが分かっています。そのため、早めの治療に取り組む姿勢が大切です。

一時の辛さと一生の病気、どっちをとりますか?

慢性胃炎の検査をするためには、胃の状態を確かめることとなります。

一般的には注腸検査(バリウム検査)と内視鏡検査が一般的なものです。

バリウムを使ってレントゲン撮影をすることで炎症の有無や範囲を確認することができます。

しかし、より効果的な方法は内視鏡検査であり、これは医師が直接目で見て確かめることができるため、効果は大きいです。

内視鏡検査であれば医師が見た瞬間に、炎症の有無が確認できるほか、内視鏡の設備で組織を採取して検査を行うことで、ピロリ菌がいるかどうかも検査することができます。

胃カメラを飲むのは辛いことですが、慢性胃炎に罹っている方は一年に一回は内視鏡検査を行うことが推奨されます。

特に、検査の結果慢性委縮性胃炎になっていることが確認できた場合には、これが胃がんに進行していないことを確認していくためにも、胃カメラによって定期的に確認し続けることが大切です。

病気とリスク

おすすめの施設