受けて安心の名医による専門ドックは、EPARK人間ドックから探す。
健保検診不可について
ようこそゲスト様
 
トップページ»  からだの悩み»  胃もたれ、むかつきがある

胃もたれやむかつきがあるのですが、
ただの食べ過ぎでしょうか?

胃と消化のメカニズム

胃もたれを我慢して電車に乗る男性

胃は食べた物を消化する場所だと思っていませんか?

実は、胃の中ではほとんど食べ物の消化はしていません。

胃には消化とは別に2つの働きがあり、食べた物と胃液を混ぜ合わせて消化しやすくする役割と、一時的に食べ物を溜めておいて少しずつ十二指腸に送り込む役目があります。
胃で胃液と混ざり合った食べ物は、十二指腸から小腸へとまわり本格的な消化が行われます。

食物の完全な消化には5~6時間はかかりますが、何かの原因で食べ物が胃の中にいつまでも留まっていると、胃がもたれるとか、むかつくとかの症状が現れます。

二日酔いや風邪を引いた時に胃がムカムカするのは、体が疲れていて手早く消化することが出来ないために現れる症状です。

胃がむかついている時に無理に食事を摂ると、中身が空っぽになる前に食事をとることになり、さらに胃は休むことができずに負担を負うことになります。

無視してはいけない胃のむかつき、胃のもたれ

胃のもたれやむかつきは、すぐに治るものだと思っていませんか?

一時的な体調不良による胃の不具合なら、時が過ぎれば元通りの元気な状態になりますが、胃炎だと思って胃薬を飲んでも一時的にしか効かなかったり、しばらくすると痛みや不快感が復活したりするようなら要注意です。

何度か続けて胃薬を飲んでも薬の効き目を実感できないのであれば、初期の胃がんの可能性もあります。

胃がんの初期症状は、胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍ととても良く似ており、胃もたれ、むかつき、みぞおちの不快感、そして胃痛があります。
痛みに関しては、激痛ではなく断続的に鈍い痛みが続くようになります。

胃炎だと思っている間に、胃がんは進行していきます。初期であれば、開腹手術をしなくても内視鏡でがんを切除することもできますし、発見と治療が早ければ早いほど、治療も軽く再発の確率も低くなります。

胃がんにならないことが一番ですが、万が一のことを考えて早期発見できるように気を配っておきましょう。

あなたにおすすめの検診コース

胃もたれやむかつきが気になる方におすすめの医療機関

病気とリスク