受けて安心の名医による専門ドックは、EPARK人間ドックから探す。
健保検診不可について
ようこそゲスト様
 
トップページ»  からだの悩み»  胸の張りが気になる

胸の張りがとても気になるのですが、
生理前だからでしょうか?

繊細な乳房

胸の張りに悩み、膝をかかえる女性

女性はホルモンの影響で、胸に色々な症状がでます。
たいていの女性は生理前になると胸が張ったり、時には痛みを感じることもあります。しかし、この張りは一過性で、生理が終わると嘘のように何も感じなくなります。

もしそれが消えずに、胸が張る感じがずっと残っていた場合は、乳腺の病気の可能性があります。

乳腺には、乳腺症、乳腺線維腺腫、乳腺炎など色々な病気があります。

乳腺症はホルモンバランスの崩れから発症する30代から40代に多い病気です。常に、しこりと痛みがあり、ストレスと関係していると言われています。

乳腺線維腺腫は10代から20代に多い良性の腫瘍です。まれに急激に大きくなる乳腺線維腺腫に悪性化するものがあるので、注意が必要です。

乳腺炎は授乳中に発症しやすく、乳房が赤くはれて痛みを伴います。

これらは、適切な治療を受けると確実に完治する病気です。

そして、胸には上記以外にも、重大で注意の必要な疾患があります。それは、乳がんです。がんは早期発見が何よりも大切な病気ですが、乳がんは特にそう言われています。
早く発見することで、乳房を切除するのではなく、温存する手術ができるのです。

乳がんの静かな進行

まれに痛みのあることもありますが、ほとんどの乳がんは痛みを感じることがありません。とても静かに進行して、明らかな症状が出た時にはかなり深刻な状態になっている場合もあります。

どのがんでもそうですが、早期発見することがとても大切です。

痛みのない乳がんの初期症状は、乳房のしこりです。しこりが1センチほどの大きさになれば、自分で見つけることもできますが、小さいものだとなかなか見つからないでしょう。

がんが進行していくと、乳房の形がいびつになったり、左右で大きさが違ってきたりします。

また、乳首から血の混ざった分泌物が出たりします。分泌液がピンク色や茶色だったら、すぐに乳腺の専門科に行きましょう。

現在の乳がんの手術は、乳房温存手術が主流になっています。
以前は、乳房からリンパ節まで取り除く手術をしていましたが、がんの周辺を広範囲に取り除いても再発が抑えられるわけではないと分かってきたので、今はかなり進行してリンパに転移が認められる場合以外は、ピンポイントにがんだけを切除して乳房を残すようにしています。
初期に発見して取り除く部分が少なければ、胸の形が変わることが少なくなり、再発率もかなり低くなります。

がんは、日本人女性の6人に1人は発症すると言われているポピュラーな病気です。患者の年齢は、20代から60代、70代まで幅広く分布しており、若いから大丈夫とは言えない病気ですから、早期発見できるよう定期的に検査を受けましょう。

ちなみに、乳がんは女性特有の病気だと思うかもしれませんが、まれに男性でも発症することがあります。

あなたにおすすめの検診コース

胸の張りが気になる方におすすめの医療機関

病気とリスク