受けて安心の名医による専門ドックは、EPARK人間ドックから探す。
健保検診不可について
ようこそゲスト様
 
トップページ»  からだの悩み»  血圧が高め(上140mmHg、下90mmHg以上)

血圧が高いと言われましたが具合は悪くありません。
病気と関係あるのでしょうか?

血圧が高いと高血圧?

高血圧か判断できる血圧計のイメージ画像

血圧は、計測する時間帯や季節、緊張や力みなどで上昇していきます。
リラックスしたり、寒い所から温かい場所へ移動したりすると、自然に低くなります。

このように血圧は変動して当たり前ですから、1度や2度の測定で高い値を示したからといって病的な高血圧とは言えません。

一般的に高血圧とは、最高血圧が140mmHg以上、または、最低血圧が90mmHg以上と常に高く、医師の立ち合いのもとで高い値が何度も確認されている状態を言います。

高血圧には、本態性高血圧症と二次性高血圧症があります。

高血圧症の90%は原因のはっきりしない本態性高血圧症と言い、二次性高血圧症は既に発症している病気のために血圧が上がっている状態のことを言います。

生活習慣病に分類されるのは本態性高血圧症で、塩分過多の食事、肥満、ストレス、運動不足、喫煙などが原因とされています。

見つかりにくい高血圧

高血圧には特有の症状がないため、高血圧症を発症していても気が付かずに、そのまま普通に生活している方がたくさんいらっしゃいます。

しかし、高血圧症は放置していると、様々な病気の入り口になってしまいます。

血圧が高いということは、常に血管に強い圧力がかかっている状態のため、血管は圧力に耐えるために、硬く厚くなっていきます。硬くなった血管は裂けやすくなり、くも膜下出血や脳出血の原因になります。
また、血管が厚くなり血液の通り道がその分狭くなると血流も悪くなり、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞などを引き起こす原因にもなります。

しかも、血圧が高い状態だと血中のナトリウムの排出が上手くいかなくなります。
その結果、腎臓に負担がかかり慢性腎臓病を起こしてしまいます。

慢性腎臓病は初期症状が現れないので、気が付かないうちに病状が進み、人工透析しかない状態になっていることもあります。

このように、高血圧は重大な疾患の引き金になる症状です。

まずは定期的に正しく血圧を測り、自分の血圧の状態を把握しておきましょう。

あなたにおすすめの検診コース

高血圧が気になる方におすすめの医療機関

病気とリスク