受けて安心の名医による専門ドックは、EPARK人間ドックから探す。
健保検診不可について
ようこそゲスト様
 
トップページ»  からだの悩み»  めまいがすることが多い

頻繁に起こるめまいは放っておいても
大丈夫なのでしょうか?

「回転するめまい」と「フラフラするめまい」と「立ちくらみ」

頻繁におこるめまいで目頭を押さえる女性

めまいを起こしやすいのは男性よりも女性の方が多いと言われています。
めまいを発症している人の統計を見ても、各年代とも女性の方が多く、その割合は年齢を重ねるごとに大きくなっています。

めまいは平衡バランスを崩すことによって引き起こされます。平衡バランスは、身体の各部分を通して得た情報をもとに、脳が平衡バランスを保てるように身体の各部分に命令を出してバランスを整えています。

このどれかが障害を負った場合、このメカニズムが正常に機能しなくなり、めまいを引き起こすことになるのです。

めまいのタイプは、景色が回って見える「回転性めまい」と、ふらふらする「非回転性めまい」、立ち上がった時に目の前が暗くなる「立ちくらみ」の3つに分けられます。

そして、タイプ別にその原因も分けることができます。
耳や脳の病気が原因の場合は、回転性、非回転性めまいが多く、自律神経の乱れや貧血が原因の場合は、立ちくらみが多いようです。

男性よりも女性の方がめまいを起こしやすいのも、女性はホルモンバランスの影響を受けやすく、自律神経の乱れや貧血を起こしやすいという性質が大きく影響しているからでしょう。

また、このめまいのタイプによって、隠れた進行中の病気を早期発見することもできるので、回転性、非回転性めまいが多い場合は、早めに医師の診察を受けることをお勧めします。

脳卒中や動脈硬化が引き起こすめまい

小脳・脳幹で起こる脳卒中

平衡バランスを保つため、身体の各部分から脳へ情報が伝達されるのですが、それを蓄積するのが小脳です。

この小脳への血流障害が起きれば、平衡バランスを保つことができなくなります。そのため、脳卒中の発作が起こる前に、予兆として起こる一過性脳虚血発作時(脳の血流が一時的に悪くなる)に、回転性、非回転性めまいの症状が発生します。

脳卒中はいきなり起こるように思われていますが、発作に至るまで数回にわたって小さな発作である一過性脳虚血発作を繰り返します。

血液循環器系に問題を抱えている方で継続しためまいが起こった場合は、早急な受診をおススメします。

動脈硬化

動脈硬化は血管が狭くなったり、もろくなったりする症状です。

動脈硬化自体にはあまり自覚症状が認められないのですが、満足な血液循環ができないために血流障害を引き起こし、平衡バランスを保つための機能が低下してしまいます。そのため、動脈硬化が進むとめまいが多く起こるようになるのです。

動脈硬化自体は重篤な症状とは言えませんが、動脈硬化は心筋梗塞や脳卒中など循環器系の重篤な病気を併発する危険な病気です。

動脈硬化を引き起こしやすい生活習慣病を患っている方で頻繁なめまいを感じる場合は、迅速に医師の診断を受けるようにしましょう。

あなたにおすすめの検診コース

めまいにお悩みの方におすすめの医療機関

病気とリスク