受けて安心の名医による専門ドックは、EPARK人間ドックから探す。
健保検診不可について
ようこそゲスト様
 
トップページ»  からだの悩み»  手足がしびれる

手足のしびれって放っておいても大丈夫?

しびれる場所によって病気が異なる

手足それぞれのしびれに悩む女性

手足のしびれはほとんどの方が感じたことのある症状だと思います。

しびれと一口に言っても、その症状には様々なものがある上、発症する場所も違ってきます。

正座をしていてしびれたなど、同じ体勢を長く続けることで血液循環が滞って発生する場合は心配ありませんが、何も原因が見当たらないのにしびれが発生する場合は注意が必要です。

この場合、なにかの病気が原因となってしびれを引き起こしていることが疑われます。

しびれを引き起こす原因には脳や神経など様々なものがあるため、しびれる場所や症状から病気の原因を絞り込んで検査を行います。

その原因と考えられる病巣は次の4つになります。
これらはしびれる場所が違う上、発症している病気も違ってきます。慢性的なしびれや定期的なしびれがある際は、早めに医師の診断を受けることをオススメします。

  1. 脳や脊髄に原因がある
  2. 頸椎に原因がある
  3. 腰椎に原因がある
  4. 末梢神経に原因がある

脳や神経などの障害が引き起こすしびれ

(1)脳や脊髄に原因がある場合

脳や脊髄に原因がある場合のしびれは、手足を含めて半身に広がって発生します。

しびれが急に発生した場合は、脳梗塞や脳出血をはじめとする脳血管障害が疑われます。
重篤な後遺症が残る場合が考えられますので、少しでもおかしいと感じた時は、できるだけ早急に受診するようにしましょう。

また、しびれがゆっくりと進行する場合は、脳や脊髄の腫瘍が疑われます。
この場合も早期治療が必要となるので、早急な診断を受けるようにしましょう。

(2)頸椎に原因がある場合

頚椎に原因がある場合のしびれは、片手もしくは片腕に発生します。

この場合は椎間板ヘルニアや頚椎症などが疑われます。命に関わる病気ではありませんが、症状がひどくなる前の治療がおススメです。

(3)腰椎に原因がある場合

腰椎に原因がある場合のしびれは、足だけに症状が発生します。

この場合は腰の椎間板ヘルニアや腰椎症であることが疑われます。
生活上多大な不便を被る事になる上、生活習慣が病気を悪化させていくこともあるので、早めに受診するようにしましょう。

(4)末梢神経に原因がある場合

末梢神経に原因がある場合のしびれは、手のひらだけに発生します。

末梢神経の圧迫によって引き起こされる手根管症候群が疑われますが、糖尿病や甲状腺機能障害などの疾患が原因となって起こる場合もあります。
これらは検査の段階できちんと診断がつくので、早めに診断を受けるようにしましょう。

あなたにおすすめの検診コース

手足のしびれが気になる方におすすめの医療機関

病気とリスク