受けて安心の名医による専門ドックは、EPARK人間ドックから探す。
健保検診不可について
ようこそゲスト様
 
トップページ»  からだの悩み»  げっぷが出る

げっぷがよく出るのですが、何かの病気が
原因でしょうか?

げっぷくらいと気楽に考えるのは危険です

げっぷが出るのを手で押さえる女性

食後の満腹時に出るげっぷは誰もが体験したことがあるかと思います。

一般的にげっぷが出る原因として考えられているのは、体内に溜まった空気を口から排出するためです。体内に空気が溜まりやすい人は早食いやストレス、緊張などで無意識に多くの空気を飲み込んでしまうために、食後に限らず日常的にげっぷが多くなります。

しかし、げっぷが出る原因がこれらではない場合には注意が必要です。

げっぷの回数は胃腸の機能低下によっても多くなってきます。胃の場合、食べ物の消化や移動が上手くいかなくなり、内圧が上がってしまうことでげっぷが出やすくなります。
また、腸の場合、老廃物や便秘による便の滞留によってガスが体内に溜まり、異臭を伴ったげっぷとなって口から排出されます。

胃腸の機能低下は生活習慣によるところも多いのですが、中には重大な病気が原因となっていることも少なくありません。

胃腸に不調を感じ、げっぷの症状が出ている場合は、早めに受診されることをおススメします。

げっぷが出る胃腸の病気

(1)胃潰瘍

胃酸が過分に出てしまうことで胃壁が傷ついてしまう病気です。

胃酸を含んだ酸っぱいニオイのげっぷが特徴で、みぞおちの痛みや吐き気、食欲不振などの症状を伴います。

進行すると吐血や下血を伴いますが、これら出血症状が現れた場合は急を要する状態とも言えるので、そうならないためにも早期発見・早期治療が必要です。

(2)逆流性食道炎

食道にある胃酸逆流防止のための弁の機能が低下し、食道へ胃酸が逆流することで発症します。

食道が胃酸によって炎症を起こし、胃酸のニオイを伴った酸っぱいゲップや胸やけ、胃痛、喉の痛み、食欲不振などの症状を伴います。

原因としてはストレスや暴飲暴食、運動不足など様々なものが挙げられますが、一言で言ってしまえばこれらを引き金にして起こる胃酸過多がその原因と言えるでしょう。

(3)胃がん

胃にがんができると胃と腸を繋ぐ経路が狭くなってしまい、食べ物や空気が腸へ上手く流れなくなってしまいます。そのため胃の内圧が上がってげっぷが出やすくなります。

げっぷの他にも胃痛や膨張感、食欲不振に伴う体重減少などの症状が見られますが、初期症状が分かりにくく定期検診以外での早期発見が難しいがんとも言われています。

早期発見できれば治療可能な病気ですので、定期検診の重要性が問われる病気と言えるでしょう。

あなたにおすすめの検診コース

げっぷにお悩みの方におすすめの医療機関

病気とリスク