受けて安心の名医による専門ドックは、EPARK人間ドックから探す。
健保検診不可について
ようこそゲスト様
 
トップページ»  からだの悩み»  長引く腰痛

長引く腰痛は病気を疑ったほうが良いでしょうか?

腰痛といっても楽観視はできない!

腰痛の痛みで腰をおさえる男性

年齢を重ねるにつれて多くなる腰痛ですが、事務職やドライバーなど腰痛を引き起こしやすいと言われている職場環境においては、もはや職業病と諦めている方も多いかと思います。

日本で腰痛に悩まされている方は約2000万人と言われ、日本人の5人に1人が腰痛を抱えていることになります。

腰痛を引き起こす原因として、食生活や運動不足など様々な要因が挙げられており、腰痛は

「姿勢を変えると痛みが楽になったり、なくなるもの」
「姿勢を変えても痛みがなくならないもの」

の2タイプに分けることができます。

腰痛で通院されるほとんどの方が「姿勢を変えると痛みが楽になったり、なくなるもの」という症状で、残りの方は「姿勢を変えても痛みがなくならないもの」の症状となりますが、この症状の場合は注意が必要だと言われています。

そして腰痛の症状を見る場合に、気をつけなければならないのは腰痛と伴って現れる症状です。

  • 足のしびれや痛み
  • 発熱
  • 痛みに周期がある

この3つの症状が現れた場合は、単なる腰痛ではなく、病気によって腰痛が引き起こされたと考えた方が良いでしょう。

多くの方が腰痛を軽視される傾向にあるのですが、一口に腰痛といっても、それを発症する原因は1つではありません。もしかすると、腰痛の影に大きな病気が隠れているかもしれないのです。

まずは自分の痛みのタイプがどちらかを判断して、タイプが後者だった場合には、早急に医師の診断を受けた方が良いでしょう。

長引く腰痛の裏に潜む病気

(1)多発性骨髄腫

骨髄で作られている血液成分の1つがガン化することによって発症し、腰周りに重苦しい痛みを継続させます。

血液のガンなので白血病の一種とも言われており、腰痛の他にも貧血や全身倦怠、脱力、体重減少を引き起こします。

(2)椎間板ヘルニア

腰椎周辺の神経が圧迫されることによって、腰周りから足にかけて猛烈な激痛を引き起こします。

坐骨神経痛を併発しやすいのも特徴で、腰周りから下の痛みの他に、感覚障害や冷感、筋力の低下、排尿障害などを引き起こします。

(3)子宮筋腫

子宮を形成する筋肉が変形して良性腫瘍となり、腫瘍が大きくなることで月経量の増加、血の塊が増えるなどして生理痛がひどくなります。

生理期間が長くなるのも特徴で、症状として腰痛や下腹部痛、頻尿、便秘を引き起こします。

(4)子宮筋内膜症

20代~30代女性に多く発症する病気で、子宮内膜の組織が子宮以外の場所に定着してしまい、その場で月経を起こします。

しかし、子宮以外は月経を排出する機能をもたないので、その場に滞留してしまい、腰や下腹部の周りに耐え難い激痛を引き起こすようになります。

腰痛にお悩みの方におすすめの医療機関

病気とリスク