受けて安心の名医による専門ドックは、EPARK人間ドックから探す。
健保検診不可について
ようこそゲスト様
 
トップページ»  からだの悩み»  ストレスが多い

ストレスを感じることが多いのですが、
ストレスって病気でしょうか?

誰もが抱えているストレスとは?

ストレスが溜まり頭を抱える女性

現代人とストレスというのは、切っても切れない関係にあります。ストレスの感じやすさには程度があり、人によっては命を絶つところまで追いつめられてしまう場合もあります。

ストレスは、セロトニンと呼ばれる神経の状態が大きく影響していると言われています。

つまり、セロトニン神経を鍛える事が出来ればメンタルの調整も可能になり、心は安定し、何があっても動じないストレスに対抗できる強さを手に入れる事が出来るという理屈です。

ストレスを感じるのはいつも、脳に過剰な興奮状態を感じた時であり、うまく行かない時や思い通りにならない時に過剰な興奮状態やパニック状態に陥り、結果としてストレスを感じてしまいます。

不満や病気によるストレスと、ストレスによる病気の発症

脳が過剰に興奮している状態ではじめてストレスを感じます。ストレスを感じる原因は人によって異なり、イライラ、心拍上昇、眠れない、倦怠感などの症状が現れます。

原因は、自分を取り巻く環境または環境の変化により感じるケースがほとんどで、温度や天候の変化、喫煙、過剰飲酒、人間関係のもつれから生じるトラブル、傷つける人々からの心身への損傷や精神的苦痛、喜怒哀楽の変化に体がついていけない、いじめ、パワーハラスメント(パワハラ)などがあります。

何を不満に感じるかも人によって異なりますが、自分が不快に思っている事がストレスであるという事は変わりません。 また、病気や睡眠障害からストレスを感じる場合もあれば、逆にストレスから病気になる方もいます。

過剰なストレスにより考えられる病気は、うつ病やパニック障害などの精神疾患系の病気があります。また、睡眠障害などからストレスを感じてしまい、更に他の病気に発展する事もあります。

あなたにおすすめの検診コース

ストレスにお悩みの方におすすめの医療機関

病気とリスク