受けて安心の名医による専門ドックは、EPARK人間ドックから探す。
健保検診不可について
ようこそゲスト様
 
トップページ»  からだの悩み»  よく眠れない

最近よく眠れません。原因があるのでしょうか?

不眠症には4つの種類がある

よく眠れず苦しそうな女性

眠れないというのは、かなり重大な問題です。
睡眠は日常的な習慣なので睡眠不足は軽視されがちですが、20代までは若さで乗り切れる事は出来ても、30代に入るとそれがストレスとして体や精神面に現れるようになり、病気にまで発展するケースも少なくありません。

睡眠というのはそもそも、体に休息を与えるためにとるものであり、自然に欲するものですが、睡眠障害はその入眠自体が困難なものであり、大変な苦痛を伴います。

不眠症が発展すると精神疾患におよぶ場合もあるため、寝つきが悪いとか、眠れないと感じるようになったら危険信号です。

不眠症の症状は、入眠障害・中途覚醒・熟睡障害・早期覚醒の4種類に分かれます。

入眠障害は、本来なら自然に来る眠気が訪れず、ウトウトする状態などがなく、眠る事が出来なくなります。

中途覚醒は、寝ている間に何度も目が覚めたりするものですが、主に夜中に目が覚める事を指します。

熟睡障害は、目を閉じて眠りにはついているのですが、寝た実感がなく、眠りが非常に浅い障害を指します。

早期覚醒は、短時間しか眠る事が出来ず、入眠してもすぐに目が覚めてしまうために疲れが取れません。

不眠による危険性

不眠症の原因は様々ありますが、大きな枠でくくると、ストレスが原因となっているものがあります。うつ病などの精神疾患で眠れない場合と、睡眠障害から精神疾患になる逆のケースもあります。

また、薬の副作用や、カフェインやアルコールの過剰摂取も考えられますし、何か病気を抱えている可能性もあります。

他には、生活習慣が不規則で、多忙すぎて寝る暇がなく昼夜逆転してしまうと、その癖が抜けず入眠が困難になるケースもあります。

あなたにおすすめの検診コース

不眠にお悩みの方におすすめの医療機関

病気とリスク