受けて安心の名医による専門ドックは、EPARK人間ドックから探す。
健保検診不可について
ようこそゲスト様
 
トップページ»  からだの悩み»  35歳を過ぎて、出産経験がない

35歳を過ぎていますが出産経験がありません。

加齢につれ妊娠・出産が難しくなる

赤ちゃんの手を握る35歳を過ぎた出産経験のない女性

昨今は結婚しない方や、不妊治療をする夫婦も増えており、35歳を過ぎても出産経験がない女性は少なくないと思います。

35歳は子供を産む適齢期のギリギリのラインだと言われていますが、加齢につれ出産が難しくなるのは事実です。

まず、子供が出来る出来ない以上に、自分は女性として生まれてきた意味について悩む女性が多いようです。

結婚し、子供を産み、一族を繁栄させていく事は人間の本能であり、太古の昔より引き継がれてきた意志だと言われています。しかし、結婚するかしないか、子供を産むか否かというのは、自分で選択できる時代になりつつあります。

母親としての人生は多くの女性が憧れ、多くの女性が様々な妥協や努力を繰り返し歩む道でもあると思います。
ただ、子供が出来ない、出産経験がないという問題は、人により原因が異なります。

理由や原因は自分にしか答えを見つける事が出来ないので、他人の意見や多数派の流れに流されてはいけません。

不妊は女性だけでなく男性に問題がある場合もある

子供が産みたくても産めない場合は、不妊治療や妊活と呼ばれる、生活習慣の改善を心がけ、赤ちゃんが出来やすい環境を整える事からはじめなければいけません。

35歳というのはあくまで目安で、40歳でも無事に出産している方もいます。
もちろん個人差はありますが、35歳を目安に妊娠しにくくなるというのは間違いではありません。

不妊治療を開始する目安は、1年間妊娠するための性行為をおこない、妊娠しない場合です。

単純に過剰なストレスを抱えており妊娠しない場合や、パートナーの精子に異常がある場合もあります。無精子症と呼ばれる、精液の中に精子が存在しない症状の事をさします。
無精子症でも、治療し妊娠する事は可能なので、希望を捨ててはいけません。

女性側に問題がある場合は、主に排卵因子、卵管因子、子宮因子の3つが原因に挙げられます。

その他に、高齢の出産になればなるほど、卵巣がんや、乳がん、糖尿病や腎臓病、高血圧などの合併症になる事もあります。

あなたにおすすめの検診コース

高齢出産にお悩みの方におすすめの医療機関

病気とリスク