受けて安心の名医による専門ドックは、EPARK人間ドックから探す。
健保検診不可について
ようこそゲスト様
 
トップページ»  検査内容の紹介»  基本検査»  特定健康診査

特定健康診査

メタボを減らすことで医療費抑制を狙った特定健康診査

特定健康診査は、心臓病・脳卒中・糖尿病などの生活習慣病の増加とそれに伴う医療費の抑制対策として、メタボリックシンドローム(内蔵脂肪症候群)に着目して2008年より行われているもので、「高齢者の医療の確保に関する法律」で義務づけられています(メタボ健診とも呼ばれています)。一言で言えばメタボ予備群の発見と生活習慣指導のために行われます。
40歳~74歳の全国民が対象で、市町村や健康保険組合に実施が義務づけられており、加入の医療保険者から案内・通知が届いたら、契約されている医療機関で特定健康診査を受けます。
これは年に1回実施されています。
検診項目は、基本的な項目(質問票、身体計測、理学的検査、尿検査、血液検査)と詳細な検診項目(心電図、眼底検査、貧血検査)があり、詳細な検診項目は医師が必要と認めた場合に実施となっています。

メタボリックシンドロームの審査基準

特定健康診査の検査項目では次のようなことが調査されます。

①質問票 服薬歴、喫煙歴、運動習慣、食習慣
喫煙歴は、特定保健指導を行うかどうかの階層化の時の判断材料になります。
運動習慣・食生活は、生活習慣改善指導を行う際の参考とされます。
②身体計測 身長、体重、BMI、腹囲
腹囲は内臓脂肪の蓄積の程度をみるものです。男性85cm、女性90cm以上の人がメタボリックシンドロームの予備群となり、さらに血糖・脂質・血圧の2項目以上がボーダーラインに達しているとメタボリックシンドロームと診断されます。
また、メタボ予備群となる肥満度指標(BMI)25以上の方や、1項目以上に該当している方も特定保健指導対象者になります。
③血圧検査 メタボリスクの1つで、収縮期血圧が130mmHgまたは拡張期血圧が85mmHgがボーダーラインです。
④理学検査 聴診器などでのチェックを行います。
⑤尿検査 尿糖、尿蛋白
尿糖は糖尿病、尿蛋白はネフローゼや腎炎の検査となります。
⑥血液検査 脂質検査、血糖検査、肝機能検査
脂質検査はメタボリスクの1つで、中性脂肪が150mg/dL以上またはHDLコレステロールが40mg/dL以上がボーダーラインです。その他LDLコレステロールが測定されますが、動脈硬化等のリスクを考える参考になります。
血糖検査もメタボリスクの1つで、空腹時血糖が110mg/dL以上がボーダーラインになっています。
肝機能検査は、AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTPが測定され、肝炎や脂肪肝などの選別になります。

受けなくても個人的な罰則はありませんが、生活習慣病を防ぐ意味でも40歳から74歳の方で定期的な健康チェックを行っていない方はしっかり受けるようにしましょう。


基本検査

病気とリスク

おすすめの施設