受けて安心の名医による専門ドックは、EPARK人間ドックから探す。
健保検診不可について
ようこそゲスト様
 
トップページ»  検査内容の紹介»  基本検査»  視力検査(視力測定)

視力検査(視力測定)

C字型の記号の切れ目で測定する視力検査

視力は物の存在を認知し、その形を見分けることができる能力で、隣り合う「2つの物」をしっかりと「2つの物」としてはっきり見分けられる能力を視力として測定します。視力の測定には国際標準であるランドルト環が一般的に用いられます。ランドルト環とは視力検査の時によく見かけるC字型をした記号のことで、Cの字の切れ目が開いてる方向を上、右、下、左といったように答える方法で視力を検査していきます。
その他、E字型を用いて開いてる方向が見えているか確認するEチャート、平仮名や片仮名を読む場合もあります。

ランドルト環による視力検査は、直径が7.5mmのC字型の指標を400~800ルックスの明るさで5m離れたところから行われます。5mの距離ではっきり見分けられる場合の視力を1.0としています。そして2倍の大きさの指標でなければ切れ目が見分けられない場合は、視力が1.0の半分の0.5ということになります。

視力の測定は、肉眼での裸眼視力、メガネやコンタクト使用者には矯正後の視力である矯正視力が測定されます。

いろいろな視力検査とその意義

通常の健康診断において測定される視力検査では、次にあげる遠見視力検査が行われています。その他にも老眼を検査したり、メガネ等の度を調整するために眼科医で検査される視力検査があります。

*遠見視力検査:一般の健康診断で行われている視力検査で、5mの距離で視力表を見て検査します。
  通常の近視・遠視・乱視といった屈折異常が原因となっている見えにくさを調べます。
*近見視力検査:屈折異常を矯正した後に調節力を働かせた見え方を検査するため、30cmの距離で行う検査です。
  近い距離に焦点を引っ張る力があるかどうかを見るもので老眼の検査で行われます。
*放射線乱視表測定:放射線状に拡がる線を見るもので、乱視があると放射線状の線に濃淡がでます。
*レッドグリーンテスト:メガネを作るときなどに行う、赤と緑どちらがはっきり見えますかというテストです。
  波長が長く目の奥まで届く赤の光と、波長が短く手前までしか届かない緑の光で、調度同じに見えるようになるように度を調整するためのテストです。

度があっていないメガネやコントクトは目が疲れるだけでなく、目を悪くする原因にもなります。しっかりと検査をして自分にあった度のメガネやコンタクトをすることが大切です。


基本検査

病気とリスク

おすすめの施設