受けて安心の名医による専門ドックは、EPARK人間ドックから探す。
健保検診不可について
ようこそゲスト様
 

眼底検査

医師が直接見ることができる血管は眼底だけ

眼底には眼の奥の網膜・血管・脈絡膜・視神経乳頭等があります。実は眼底は医師が唯一直接血管を見ることができる場所です。
眼底の状態を知ることで眼のみならず全身のいろいろな機能異常を察知することができます。

眼底検査では、直接血管が見えるので眼底出血がよくわかります。
そして視神経乳頭も観察できますので、緑内障の発見にも役立ちます。
また、眼底の網膜等も観察できますので網膜剥離や黄斑部変性などの眼の異常が発見できます。
さらに動脈硬化や脳腫瘍等の頭蓋骨内の病気の発見にもつながるため、健康診断では糖尿病・高血圧・動脈硬化による観察も、眼底の変化を中心とした検査が行われます。

眼底検査の方法は、散瞳薬を点眼して瞳孔を広げます。瞳孔が広がったら、眼底カメラや検眼鏡を使って眼底を観察していきます。直像検査法という瞳孔に光を入れ検眼鏡で眼底を直接観察する方法と、倒像検査法という瞳孔に光を入れ反射させ凹面鏡へ映して観察する方法があり、多くの場合はこの2つの方法を合わせて行われます。
最近では瞳孔を広げなくても観察できる無散瞳カメラも普及してきています。
眼底検査自体は数分で終わりますが、散瞳薬を点眼した影響でしばらく瞳孔が開いたままの状態になり光をまぶしく感じるため、自動車等の運転は控えることが大切です。

病気ごとに0度からⅣ度にわけて評価する眼底検査

眼底検査の健康診断は、網膜血管病変を1つの系列として評価するキースワグナー分類と、高血圧性変化と硬化性変化を別々に評価するシャイエ分類があります。
いずれも考えられる病気に対し0度~Ⅳ度まで分けて評価されます。0度が正常、Ⅰ~Ⅱ度以上なら網膜剥離、緑内障、脳出血、高血圧症、動脈硬化、糖尿病などが疑われることになります。
Ⅰ度はわずかな血管腔狭小化や動脈硬化、Ⅱ度は動脈硬化の進行、Ⅲ度は網膜浮腫、Ⅳ度は乳糖浮腫というように、観察される所見により段階別に評価していきます。
特に注意が必要なのが糖尿病による糖尿病性網膜症の眼底出血で、放置すると失明の危険もあります。

日本での失明原因の第1位は糖尿病性網膜症で、第2位は緑内障です。いずれも自覚症状が少なく、視力低下や視野狭窄等に気づいたときには病状がかなり進行していたというケースも多くなっています。
それを防ぐために、定期的に眼底検査や眼圧検査を行い、病気の早期発見・早期治療を心がけましょう。
40代からは特に注意する必要があります。


基本検査

病気とリスク

おすすめの施設