受けて安心の名医による専門ドックは、EPARK人間ドックから探す。
健保検診不可について
ようこそゲスト様
 
トップページ»  検査内容の紹介»  血液検査»  アレルギー検査

アレルギー検査

原因物質を特定

私たちの体は体内に異物(抗原)が入ってくると異物と戦うために抗体を作ります。アレルギーの原因となる異物は様々ですがこれらをアレルゲンと呼びます。
アレルゲンは通常は無害な物質ですが、この物質に対して過剰な反応をしてしまうことで免疫系の機能不全を起こし、様々な症状が出てしまいます。
アレルギー検査とは、アレルゲンと戦うために作りだされた抗体の量を調べる検査方法で、アレルギー検査の場合は一般的にIgE抗体を調べます。アレルゲンの種類は数多くあるため、どの項目を選ぶか・何項目調べるかということを、症状の出る時期・場所・ペットの有無・生活環境・趣味などを参考にして項目を絞りこんでいきます。

アレルギー検査 方法 採血した血液で検査します。
検査時の注意点 血液検査によるアレルギー検査はあくまで参考値にすぎず、数値と症状が一致しないこともあります。

症状が出るのはアレルゲンと接触した場所

アレルギー検査は、自分が何に対してアレルギー反応を示すのかを特定でき、現時点では症状がないものでもIgE抗体の数値を見ることで、将来症状が出る可能性の予測が可能です。
食物アレルギー・気管支喘息・アトピー性皮膚炎・花粉症(アレルギー性鼻炎)・アレルギー性結膜炎などの発見・診断に役立ちます。

自覚症状
アレルゲンと直接接する場所で反応がおこるため、主に目・鼻・皮膚・喉・気管などで炎症反応が生じます。
食物アレルギー じんましんやそれに伴うかゆみ・口の中のイガイガ感・唇の腫れ・目の充血・目のまわりの腫れ・くしゃみ・鼻みず・鼻づまり・咳・呼吸困難・腹痛・吐き気・嘔吐・下痢・意識を失うなど。
気管支喘息 発作性の呼吸困難・喘鳴(呼吸のたびにゼーゼー、ヒューヒューという音がする)・咳など。
アトピー性皮膚炎 湿疹による強いかゆみ(顔・耳や首回り・わきの下・ひじの周囲・ももの付け根・ひざの周囲)など。
花粉症 くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみなど。
アレルギー性結膜炎 充血・かゆみ・涙や目やにが出るなど。
アレルギー疾患の危険因子(ハイリスク)
  • アレルギー疾患の既往歴がある
  • 家族にアレルギー疾患の方がいる

アレルギーの症状は軽症から重篤で命にかかわるもの(アナフィラキシー・ショック)まで幅広くあり、原因物質を把握しそれを避ける対策を心がけることは快適・安全な生活を送るうえでとても重要なことです。
アレルギーの症状は一生同じという訳ではなく、環境や体調により消えたり増えたりします。
「一度検査したので大丈夫」ではなく、変化していくものだということを認識し、定期的にアレルギー検査を受けましょう。

アレルギー検査が受診できるおすすめの医療機関

病気とリスク