受けて安心の名医による専門ドックは、EPARK人間ドックから探す。
健保検診不可について
ようこそゲスト様
 
トップページ»  検査内容の紹介»  血液検査»  肝炎ウィルス(HCV抗体)検査

肝炎ウィルス(HCV抗体)検査

C型肝炎ウイルス感染の有無を明らかに

肝炎ウィルス(HCV抗体)検査とは、血液の中にHCV抗体(C型肝炎に感染すると体内で作られるたんぱく質)があるかを測定しC型肝炎に感染しているかを調べる検査方法です。
C型肝炎は慢性化することが多く、持続感染者(キャリア)の約70%は慢性肝炎→肝硬変→肝がんと進んでいきます。
肝がんの原因の多くはC型肝炎であると言われており、慢性肝炎は20~30年をかけて肝がんへと進んでいき60歳を超えると肝がんになる確率が高くなります。
B型肝炎ウイルスには有効なワクチンがあります。C型肝炎に対するワクチンは現在のところありません。

C型肝炎ウイルスは、体内の肝臓と血液中に存在し、主に血液を介して感染します。
感染している方の血液が自分の体の中に入ると感染する危険性があるため、日常生活において基本的な注意事項を守り感染を防ぎましょう。

肝炎ウィルス(HCV抗体) 方法 採血した血液で検査を行います。

HCV抗体「陽性」:現在、C型肝炎ウイルスに感染している可能性が高い。
検査時の注意点
  • 陽性になるまでに時間がかかるため、感染したと思われる時期から3ヶ月以上経過してから検査を行いましょう。

慢性化すると肝がんにつながります

肝炎ウィルス(HCV抗体)検査は、C型肝炎の発見・診断に役立ちます。

自覚症状
C型肝炎 発熱・倦怠感・食欲不振・吐き気・黄疸など。自覚症状のない事が多い。
C型肝炎の危険因子
(ハイリスク)
  • 覚せい剤等の注射の回し打ち
  • 入れ墨(タトゥー)等の針の使いまわし
  • 医療機関以外でピアスの穴をあけたことがある
  • 家族にC型肝炎ウィルスに感染している・肝がんの方がいる
  • 1985年(昭和60年)以前に生まれた(母子感染予防策が実施されていなかった)
  • 1992年(平成4年)以前に輸血や手術を受けたことがある
  • 長期間血液透析を受けている
  • 過去に輸入非加熱血液凝固因子製剤やフィブリノゲン製剤を投与されたことがある
  • 60歳以上

C型肝炎ウイルス感染者は日本で200万人いると推測されますが、多くの方は自分が感染していることに気づいていないと考えられています。それは肝臓が「沈黙の臓器」と言われ自覚症状がないためです。
今まで肝炎検査を一度も受けたことのない方はぜひ一度受けてみましょう。
異変があった場合は、血液検査(AST(GOT)・ALT(GPT))・抗体価・遺伝子検査などの検査を行い病気の診断を行いましょう。


病気とリスク

おすすめの施設