受けて安心の名医による専門ドックは、EPARK人間ドックから探す。
健保検診不可について
ようこそゲスト様
 
トップページ»  検査内容の紹介»  血液検査»  LOK-index(脳梗塞・心筋梗塞のリスクチェック検査)

LOX-index(脳梗塞・心筋梗塞のリスクチェック検査)

脳梗塞・心筋梗塞のリスク評価が可能

LOX-index(脳梗塞・心筋梗塞のリスクチェック検査)とは、動脈硬化の進行から脳梗塞や心筋梗塞の今後10年以内の発症率を予測する最新の指標です。
日本国内で行われた研究成果(約11年間で2500名を対象)が元になっています。

これまでは動脈硬化の指標として、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)が一般的でした。
LDLコレステロールは、悪玉コレステロールとも呼ばれるので全て悪者というイメージがありますが、体の細部にコレステロールを運搬するという大切な役割があります。
LDL(悪玉)コレステロール全てが悪者というわけではなく、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)の中でも活性酸素などの影響で酸化してしまった「酸化LDL(変性LDL)」が動脈硬化の原因としてポイントになります。
酸化LDL(変性LDL)は、LOX-1と結合し血管内に慢性的な炎症状態を引き起こし、これが動脈硬化の原因となります。
LOX-indexは、LOX-1が酸化LDL(変性LDL)を異物と認識し結合する性質を利用し、これを測定することでLDLコレステロール(悪玉コレステロール)単独の時より動脈硬化の状態を知ることができます。
他の検査ではカバーできない未病の段階の動脈硬化の発見に有効です。

方法 採血した血液で検査します。

脳梗塞・心筋梗塞の卵を見つけます

LOX-index(脳梗塞・心筋梗塞のリスクチェック検査)は、初期段階の動脈硬化を反映するため、今まで血液検査や画像検査でわからなかった血管の状態を知ることが可能になり、脳梗塞・心筋梗塞の発見・診断に役立ちます。
LOX-index値が高い場合、10年以内の発症率が脳梗塞では約3倍、心血管疾患では約2倍になります。

動脈硬化の危険因子
(ハイリスク)
  • 加齢(男性45歳以上・女性55歳以上)
  • 過去に脳梗塞を起こしたことがある、もしくは脳梗塞の疑いがある
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 高脂血症(コレステロールが高い・中性脂肪が高い)
  • 高尿酸血症
  • 肥満
  • ヘビースモーカー
  • メタボリックシンドローム(内臓脂肪型肥満で高血圧・糖尿病・脂質異常症のうち2つ以上該当する状態)などの生活習慣病がある
  • 運動不足

動脈硬化が原因で起きる疾患は、発症まで自覚症状がほとんどないため予防や治療が遅れてしまうことが問題でした。
しかし、LOX-indexは、症状のない未病の段階でも動脈硬化の状態を数値化できるので発症リスクの予測が可能になりました。
事前にリスクを知り生活習慣を変えたり対策を打つことは未来の危険の回避につながります。
まだ新しい検査法ですが、機会があればLOX-index(脳梗塞・心筋梗塞のリスクチェック検査)を受けてみましょう。

病気とリスク

おすすめの施設