受けて安心の名医による専門ドックは、EPARK人間ドックから探す。
健保検診不可について
ようこそゲスト様
 
トップページ»  検査内容の紹介»  血液検査»  アミノインデックス検査(AICS・がんスクリーニング検査)

アミノインデックス検査(AICS・がんスクリーニング検査)

アミノ酸濃度の変化で予想

アミノインデックス検査(AICS・がんスクリーニング検査)とは、血液中のアミノ酸濃度を測定し癌である可能性(リスク)を予測する検査方法です。
健康な人の場合、血液中のアミノ酸濃度は各種一定に保たれるようにコントロールされていますが、病気になってしまうとアミノ酸濃度のバランスが乱れ変化します。癌に罹患した時も同じく血液中のアミノ酸濃度が変わるため、癌患者のアミノ酸濃度パターンを分析し可能性を算出したものがAICSで、AICS値が高いほど癌である確率が高くなります。
アミノ酸は人体の基本成分で生命活動に深く関与しているため、血液中のアミノ酸濃度を測定することで病気の可能性を明らかにすることができます。

アミノインデックス検査(AICS・がんスクリーニング検査) 方法
  • 採血した血液で検査を行います。少量(約5ml)で複数の癌を同時に検査できます。
  • 採血は一般的に午前中に行います。
目的の癌により受診対象年齢が設定されています。
  • 胃がん・肺がん・大腸がん・乳がん→25~90歳
  • 前立腺がん→40~90歳
  • 子宮がん(子宮頸がん・子宮体がん)・卵巣がん→20~80歳
検査時の注意点
  • 前日の夕食は21時までに済ませ、それ以降は絶食です(絶食8時間が理想的です)。
  • 絶食中水は摂取しても大丈夫ですが、お茶・ガム・飴類・牛乳・ジュース・アミノ酸入りのサプリメント・スポーツドリンク飲料は食事と同様に控えましょう。
  • 薬を服薬している場合は事前に相談し指示を受けましょう。
  • 妊娠中・授乳中・癌患者(治療中を含む)・先天性代謝異常・透析患者の方は検査結果に影響を与えるため検査を受けることができません。
  • 申し込む前に受診対象年齢に該当しているかを確認しましょう。
  • 健康保険の適用外なので全額自費負担になります(医療機関により異なりますが、2~5種類がセットになって平均約1~2万円です)。
  • ピルなどの女性ホルモンに関する薬を服用している場合、検査前の一定期間、服用の中止を指示される場合があります。事前に確認しましょう。

あくまで可能性です

アミノインデックス検査(AICS・がんスクリーニング検査)は、胃がん・肺がん・大腸がん・前立腺がん・乳がん・子宮がん・卵巣がんになる可能性を予測することに役立ち、早期がんにも対応しています。
婦人科がん(子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がん)については、このうちのどれかであるという評価はできますが、個別のリスクを評価することはできません。

アミノインデックス検査(AICS・がんスクリーニング検査)は、現在(採血した時)癌である可能性のみをみており、一生涯癌になる可能性を評価するものではないため注意が必要で、癌であるかを確定するものではありません。
「癌である可能性が高い」と検査結果が出た場合は、他の癌の検査と併用することが必要です。
1度検査して問題がなくても1年後には変わっている可能性もあります。定期的に受診しましょう。

病気とリスク

おすすめの施設