受けて安心の名医による専門ドックは、EPARK人間ドックから探す。
健保検診不可について
ようこそゲスト様
 

肺機能検査

タイミングを合わせて頑張りましょう

肺機能検査とは、息切れ・呼吸が苦しい・咳が出る・痰が出るなどの症状がある時に、肺活量など呼吸器の機能測定を行いレントゲン検査ではわからない換気機能の状態を調べる検査方法です。
肺の病気の診断・重症度を調べる場合や治療効果の成果を見るときにも行われます。

一般的には、スパイロメーターという機械を使って以下の項目を測定します。

  • 肺活量…空気を胸いっぱいに吸い込みそれを全て吐き出した時の空気の量(基準値は、年齢・性別・身長などによって異なりますが、多すぎても少なすぎてもいけません)。
  • %肺活量…年齢・性別から算出された予測肺活量(基準値)に対しての、実測肺活量の比率。
  • 努力性肺活量…胸いっぱいに息を吸い込み、勢いよく一気に吐き出した空気の量。
  • 1秒量…努力性肺活量のうちの最初の1秒間に吐き出した空気の量。
  • 1秒率…1秒量を努力性肺活量で割った%。
  • 残気量…息を吐ききった後、肺内に残っている空気の量。
肺機能検査 方法 いくつかの項目を順次測定していきます。担当者の指示に従い、息をすいたり吐いたりしましょう。
  1. ①肺活量を測定します。
    鼻から空気が漏れないようにノーズクリップで止めます。
    マウスピースをしっかり口にくわえ→静かな呼吸を数回繰り返す→一度大きく限界まで息を吐き(最大呼気)→大きく限界まで息を吸い(最大吸気)→さらに大きく息を吐き全て吐ききります(肺活量)。
  2. ②努力性肺活量・1秒量を測定します。
    静かな呼吸を2~3回繰り返す→大きく息を吸い、強い息で一気に全部きます(努力性肺活量)。
    測定したグラフから1秒間の呼吸量を測り(1秒量)、呼気率を算出します(1秒率)。
痛みはほぼありませんが、うまくいかず何度も繰り返すと疲れるかもしれません。
検査時の注意点
  • 息を吐くタイミングがずれると測定値が変わってしまいます。事前に検査担当者と練習する機会があるので、タイミングを合わせて担当者の指示に従い大きく息を吸ったり、一気に吐いたりしましょう。
  • 呼吸器の持病があり、検査時に呼吸がしずらかったり体調が悪いときは担当者に伝えましょう。
  • 担当者も注意していますが、鼻から空気が漏れたり、マウスピースの外に空気が漏れたりするのは、本人しかわからない部分でもあります。正確な測定ができないため息がもれてしまったときは申告しましょう。

たばこを吸っている方は要注意!

肺機能検査は、拘束性肺機能障害(肺の空気を入れる容量が少なくなる)・閉塞性肺機能障害(空気の通り道が狭くなる)・混合性換気障害(拘束性+閉塞性)の発見・診断に役立ちます。

  • 拘束性肺機能障害:肺結核・胸郭整形術後・胸膜肥厚・胸膜癒着・肺繊維症など。
  • 閉塞性肺機能障害:肺気腫・気管支喘息・慢性気管支炎・気管支拡張症など。
  • 混合性換気障害:肺気腫・気管支喘息・慢性気管支炎など。
自覚症状
肺結核 14日以上続く咳・痰・発熱・胸痛・血痰(または喀血)・食欲がない・疲れやすい・痩せてきたなど。
肺繊維症 頻繁に息切れする・疲れやすい・乾いた咳が出るなど。
肺気腫 運動時に強くなる息切れ・咳・痰・痩せるなど。
気管支喘息 何かのきっかけで急に息苦しくなり、喘鳴(ヒューヒュー・ゼーゼーといった音)がでる発作をおこすなど。慢性的な咳・痰だけの方もいます。
肺機能障害の危険因子
(ハイリスク)
  • 喫煙
  • 加齢

日本では40歳以上の約10人に一人が慢性閉塞性肺疾患(COPD)と推定されています。
慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、肺への空気の通りが慢性的に悪くなりゆっくりと進行していく病気です。
異変があった場合は、胸部CT検査・動脈血ガス分析・血液検査などのさらに詳しい肺の検査を行い、病気の診断を行いましょう。
症状の進行具合を知りそれ以上ひどくならないためにも、40歳を過ぎたら定期的に検診を受けるようにしましょう。

呼気検査

病気とリスク

おすすめの施設